【1日目/6月3日】
行こうと決めてから半年。あっという間にこの日を迎えた。
北海道のイトウ釣り。主に道北なら猿払川か天塩川、道東なら釧路川。いずれも難関であることに変わりはないがイトウ釣りに入ったきっかけが猿払川のイトウおじさん。道北が身近だった。ただ、調べるうちに猿払は比較的釣り易いことからとにかく人が多いようだった。自分がもっとも嫌う要素だ。一方の天塩川は大河。ポイントが絞りにくく数が出ないことから人が少ない。ただ、一発大物が狙えるということだった。もうこれは自分にとって後者しか選択の余地はない。無表情な大河の釣りは利根川で嫌というほど体験済みだった。釧路川はまた別格。いずれ入ってみたいフィールドだ。


前夜、帰宅は22時半を回っていた。そこから最後のパッキング。ところが持っていこうと思っていたものが入らないこと入らないこと。
のんびり昼寝用にと買っておいた軽量折り畳みチェアーなんて、入らない入らない。
車中泊用のエアマット、入らない入らない。乾電池式扇風機2台、入らない入らない。1台でも入らない。

そんなこんなで荷物を減らしてなんとかスーツケースの蓋を閉じたのが日付の変わった午前1時。パッキングは旅における重要なスキルだなあとつくづく実感。睡眠時間3時間で4時には起床し、あみちゃんに駅まで送ってもらい、5時12分の電車で羽田空港へ向かった。

苦労してパッキングしたのだが空港計量で26kg!6kg超過で追加料金2500円は想定内。
なんとかかんとか荷物も預け出発待ち。ここで一眼カメラにSDカードが入ってないことに気づく。仕方なく売店で8GマイクロSDカードを1800円で購入。
色々あるのも旅の醍醐味。
離陸から1時間ちょっとで千歳空港に着くと乗り継ぎ者は呼び止められるのだがここでも事件発生。
羽田で乗り継ぎ便も同時にチェックインしておくことを知らず、千歳空港で一旦荷物ピックアップしてまた検査手続きするはめに。千歳空港で6kg超過料金1500円。これは想定外。痛い。
おまけに預け入れ荷物検査でアルコールコンロの燃料所持を疑われる。持っていたのはエスビットの本体。燃料は熊スプレーと一緒に現地に送付済みだったのだがスーツケースの中身を見せろという。
いま思うと何をそんなに持っていったのかと思うほどパンパンのスーツケースを開けさせられ潔白を証明。これまたひとつ勉強。





千歳からの乗り継ぎ便はボンバルディアDHC8−Q400とかいう定員74人の小型プロペラ機。遠征ムードをもりあげてくれる。ちょうど主翼近くの席だったためプロペラの振動をもろに受ける。実質30分ほどのフライトで稚内空港に降り立った。
機内アナウンスの通り、着陸し機外へ出ると強風吹きすさぶ5℃。冬だ。
レンタカー屋さんによると例年この時期はもっと暖かくこんなに寒いのは珍しいとのこと。
予約していたのはノートだったがレンタカー屋さんの都合で料金変わらずでセレナになるとは聞いていたがこれが新型でハイブリッド。正直ノートでの車中泊は厳しいものになるだろうと覚悟していたのでこの変更はほんとにラッキーだった。
手続きの際まず言われたのが鹿に注意するよう言われる。クラクション、パッシングは絶対にせず道路を横切るまで待つことと。不思議と熊については何度かこちらが聞いてやっと熊も危ないですから、って言う感じ。何なんだろうか。

さて、クルマも手に入れいよいよ三泊四日一人車中泊の旅が始まった。まずは熊よけスプレーやアルコール燃料を送ってあるヤマト運輸の豊富センターへ向かう。(帰りは熊よけスプレー以外にも荷物の一部をヤマトで送ってしまうことを思いつく。ここから千葉まで80サイズで1780円を確認。)





荷物をピックアップし、ビバーク予定の道の駅てしおへ。
しかし目的地に来たからといってすぐに釣りをする気分には意外となれないものだ。





なんとなく落ち着かず天塩川河口を見に行ったり。





 
後部座席をフラットにして寝床を作ったり、タックルを準備したり。やっとのことで釣りをするしかないようになりウォーミングアップで17時、一発大物が釣れると言う大場所に入ってみる。言ってみれば利根川中流域のような場所である。流れがあり水深も3ー4mといったところだろうか。19時まで2時間。まだ明るかったがアタリもなく雨と寒さで終了しセイコーマートでおにぎりとカップうどんを買い車中で夕食。なかなかひとりは寂しい。まだ慣れない。大盛りの赤いきつねなんて買わなきゃよかった。
食後はてしお温泉夕映へ。500円。赤茶色の塩分のあるお湯。やっと気分も落ち着き道の駅てしおへ。
車中泊と思われる京都ナンバー、神戸ナンバー、東北ナンバーなどのキャンピングカーやハイエース、軽バン、商用の4tトラックなどが停まっていた。
しかしセレナでよかった。ほんとついている。これが予定通りノートだったらと思うとぞっとする。
いよいよ明日から本格的に釣りとなる。22時に消灯。夜は気温5℃と寒いが春夏秋用の寝袋にダウンジャケットで厚着して問題なく眠れた。


Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/

大堰下は調子上向き。
土日は場所取りで大賑わいは必至。
そんな時は人の行かないところへ行くのが塩人流(単に弱気という説もあり)。

というわけで大平洋と繋がっている、ある川へ行くことにした。

気合いを入れて夜明けから堰を起点に目星をつけて入った最初の堰は水深なさ過ぎ、流れなさ過ぎでさっさと切り上げ。





2つ目の堰は超いい感じ。
この写真左の流芯にレンジバイブ80を投入一発目でヒットするもすぐに外れる。
これは悔しかった。
何者かは断定できないがこの流れの中にいるのはサクラしかいないだろう?とは思っている。
結局その後は反応なくなり納竿、、、

と思ったが帰り道、ポイントチェックだけしておこうと堰を2ヶ所見て回る。

そのうちのひとつでは間違いなくサクラが2匹、自分の前をたて続けに水面下に姿を現した。

スズキでもなく、ニゴイ、ウグイでもなく銀ピカのそれは間違いなくサクラマスだった。

サクラマスはこうやって、常に上流に頭を向けてストイックに産卵場所を目指しているのではなく自由に泳ぎ戯れながら上流を目指していることがわかった。

それを見てからは俄然やる気が出てカミさんに帰宅時間の延長を伝える。

それから1時間位だろうか、またまたレンジバイブに切り替えた一投目だった。

ついにその時は来た。









 
来た!雷魚が。
初雷魚!レンジバイブ80丸呑み!
モレーナがよく似合ってるぜ!っておいおい。
いや、でも魚が掛かれば嬉しいものだ。
一瞬でもサクラかと思わせてくれてありがとよ。

その後また1時間、魚信なく、13:30納竿とした。

しかしあのサクラマスはこのまま水嵩が増えずにいたら堰を上がることができず
この場所で息絶えてしまうのだろうか。




Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/


今日は代休平日出撃。気合いを入れて3時前には現場着。
平日でアングラーも少なく貸し切り一番乗り!と喜んでいたらどうやらポイントを外していた、のがわかったのは朝の部を9時に終了し仮眠から目覚めた13時頃、岸辺で休憩されているアングラーさんとお話してからであった。

珍しく釣り場で自分から話しかけたのだが、利根鱒は今年から始めて今日で4回目だという方だったが色々勉強されていて色々教えていただいた。

下流でコソコソやってる自分とは違ってかなりの情報をお持ちだった。

しかし見てるとみんな基本的にタックルはライト。

ライトなロッドを小刻みに揺らしながらのリトリーブ。みんなそのやり方。

14時から午後の部をはじめたがその時点で既にひとりで3本上げているアングラー。

もう満足されたのか陸に上がるようで、スレ違いざまに、3本凄いですね?!いやいやたまたまですよ!的なやり取りをした。

しばらくするとまたそのアングラーが戻って来て、今度は自分より下流に入った。

そこは3名が先行しており、どうやらそこも一級ポイントのようだがその3名の上流につく形で4番目についた。

すると間もなく全く釣れていない先行3名の背後でロッドを曲げているではないか。

4本目だ。

これには参った。たまたまではなかろう。

レンジ、アクション、諸々秘訣があるのだろうな。

こればかりは凄い!の一言。

あれだけ魚が居るのに自分にはバイトすらなし。

この地での自らの未熟さを思い知らされた。





17:30まで頑張ったがアタリなく納竿とした。

でも、期間限定、数量限定のこの特別な釣りは暫く止められそうもない。



Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/



GW最終日、朝だけ出撃。
まだ暗い3:30am、藪漕ぎ開始。
今年は遡上が遅いんだ、という見立てで目指すはいつものポイント。
既に自分の身長より高くなった夜露で濡れた藪に突進しやっとのことで水辺に出てびっくり。
ここのところ雨が降っていなかったのをいいことに全く想定外の水嵩増、濁り増。
放水情報、水位情報チェックを怠っていた。

おかげでいつもの場所に釣り座は取れず。

帰るか、続けるか、、、
暫し考えて大堰下1km圏内へクルマを走らせる。



岸沿いに停まっているクルマの数も少なく釣り人の間隔は充分に取れる状況。

普段顔を出しているテトラが完全に水没。

濁水は致命的なほどではない。

双眼鏡でチェックすると堰直下に浸かっているアングラーもまばら。

印西の某ショップの方が嘆いていたが今年は全国的にサクラが不調なため、サクラマスビジネスも不調で困っているとのことで、やはり利根川も今年は不調なのだ。

サクラマスが釣れない→サクラマス釣りをやる人が減る→サクラマス用釣具が売れない。

こういう構図らしい。

5月7日、例年ならトップシーズンなのにこんな状況。

そう考えるとこないだ釣ったサクラは正に貴重な1本だったんだな。

しかし昨年は沢山いたハクレンも今年はかすりもしない。

なにか異変でもあるのだろうか?



Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/


永らくシマノの安いクリップオン偏光グラス(写真上)を使ってきたが、サイトマスターのクリップタイプを購入し、利根川へ

実際に使ってみて何度もレンズを交換して見え方の違いを確かめたが、レンズカラーの違いによる見え方の違いを差っ引いたとしても

水中の景色の見え方には大差ないと、自分は感じた(あくまで個人的な感想)。

わかりやすく言うとヤベぇほどの違いは全くなかった(あくまで個人的な感想)。

世の中的に凄い!みたいなレンズのようだが何なんだ一体あれは?(あくまで個人的な感想)

ひとつ、シマノにはなくてサイトマスターにあるのは

メガネが反射しないということ。

シマノのものは付けているメガネが偏光グラスに反射して見えてしまうこと。

ただそのことが致命的な違いかというと気にしなけれは無視できるレベル。


見え方以外の違いをみていくと、、、



クリップのし易さ、跳ね上時の安定性はシマノが圧倒的。

クリップはシマノは洗濯バサミのように摘まんで挟むだけ。

サイトマスターは4本のフックみたいなものをメガネのフレームに引っ掛ける作業が手間。

跳ね上げはサイトマスターは跳ね上げていてもちょっと頭を振るとパタと下りてしまう。






シマノのクリップタイプで付けられるメガネも






サイトマスターでは付けるメガネを選んでしまう。






クリップオンではメガネの上に追加するので重量が意外と重要。9g(シマノ)でも1日付けていると鼻への圧力はけっこう負担。






22g(サイトマスター)にもなるとけっこう痛かった。




総括するとサイトマスター買って損した、と思う。シマノの方が機能的に優位で且つ安い分、少々乱暴に扱えて気楽で良い。

ま、サングラス=嗜好品の部類と思えばサイトマスター、いいとは思うが

どうしようかなヤフオクに出そうかな・・・。





釣りの方はというと、2回連続サクラキャッチを夢見たが、世の中そんなに甘くない。

朝4:30~8:30、午後は14:30~18:00、杭となってロッドを振り続けたが撃沈。

昼間、熊谷のプロショップで聞いた話では今年は良くないそうだ。

それは来るのが遅いのか、来ている数が少ないのか、、、???






スプーンいっぱい投げている内に何がいいのかわからなくなってきている。

また、行かないとな。


Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/