上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
                        


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■8月15日琵琶湖(彦根)

今日から福井県越前三国に家族旅行。



朝3時に大阪寝屋川を出発し、5:00に湖東琵琶湖畔に到着。

夜釣りをするとその後の行程がグダグダになるので、

釣りは往路道すがら朝の小一時間だけにする。

つまり海では釣りをしない。





湖東琵琶湖畔。エエ感じ。

本来的には河川がいいのだが手っ取り早く駐車できる湖畔でやってみることにする。

水は透明。水温かなりヌクい。

しかし、ナブラが立つわけでなし、これといった生命感を感じるわけでなし…

まずもって流れがない。止水域。

各所に浮かぶ藻を避けながら半信半疑でキャストを繰り返していると、

そのうちゴゴンッとDコンタクトにバイトあり。

(おるな…)

DコンではどうにもならなかったのでX-RAPに替えての数投目、ゴゴンッとヒット!

千葉の小川では味わえないレベルのパワーゲーム!ヒョォ~~!





25cmUPのオス。

ボディフックに食らいついていた。

千葉の小川には居ないサイズ。

肉付きヨシ、イカツさヨシ。

やっぱ本場のケタバスは何か違うな~。

そしてこの魚、体長が長くなるにつれて正比例プラスαで体高と顔がデカくなる。

ケタバス狙いでは初の琵琶湖入りで即釣。いや~もう最高の気分。






エエ顔や。

その後ちょっとしたバイトやチェイスを感じながら時間が経過。

DUOスピアヘッド・リュウキ50Sをキャストしている時、またまたヒット!

さっきよりデカイ!ザ・パワーゲームビワレイクケタバシング!






2本目は28cmUPのオス!

これまたボディフックに食ってきた。

大型は泳力があるので腹を目指して食い付くのだろうなという結論。

そしてトレブルでも何ら問題なく、またテールをシングルにする必要もあまりない。大型なら。ということを確信。

ところでなんとコイツのランディングまでもう一匹がついて来ていて

コイツをランディングと同時にバシャッ!と目の前で反転していったのには驚いた。

予定時間を15分だけオーバーして琵琶湖ケタバスデビュー戦を終了。

もっともっとやりたかったが、デビュー戦の小一時間で2本獲れたのはラッキーであり

また琵琶湖のケタバスの魚影の濃さを物語っている。

そしてアベレージサイズのデカさ。

これは堪らん。

正直なところ千葉の小川で小型を釣ってる場合でもなくなってしまいそうな勢い。

この愛すべき日本古来のゲームフィッシュ・ケタバスを

千葉でも利根川、江戸川、牛久沼、霞ヶ浦など、

大場所で大型を狙うことを心に誓い、この場を後にした。






■8月17日淀川(枚方)

淀川資料館。小規模で地味な施設だが魚好きには十分な内容。

福井からの旅の翌日、墓参りのついでに、

夏休みの宿題とは何の関係もなくただ親父の興味で訪れたが…

意外にも子どもたちのテンションがアゲアゲだったのは嬉しい誤算(笑)






淀川では数が減っているようだ…




魚だけでなく昆虫(標本)なども展示されおり

上の娘が名前を全部ノートに書き写す?!というので上の娘はオカンに任せて

その間にカミさんと下の娘を連れて裏手の淀川で30分だけ釣りをさせてもらう。






デカバスヒット中!

沖の瀬の下流にルアーを投入と同時にヒット!

デカ魚であることはすぐにわかった。

そしてエラ洗いでバスと判明。

手元まで寄せると50cm近い。

残念ながらあと少しというところでフックを伸ばしてしまいサヨウナラ。






まだまだ未熟よのォ_| ̄|○

しかし何かと魚に恵まれている今夏。

岸辺には無数の小魚がコケをついばんでいるのを確認し一旦帰宅する。




■(続)淀川ケタバスゲーム

16:00~

さっきのデカバスの瀬付近から攻めるもなんか違うので上流へ移動。






こんな感じ。奥に見える瀬。水深が浅く流れがある。

数キャストでバイトを検知!


そしてヒットォ!居た居た25cmUP!初淀川ケタバス。
これまたボディフックにバイト。

このサイズになれば捕食力上の問題は無さそうだ。






豊富なベイトフィッシュをたらふく食ってるのだろうムチムチバディ。

しかし何かと魚運がいい今夏♪

その後、一度だけチェイスがあったきりで17:30ゲーム終了。

淀川にもまた来よう。




■8月18日利根川(好っきやのぉ~)

琵琶湖、淀川ですっかり大型カブレしてしまい、大阪帰りで疲れてるはずなのに利根川(我孫子)へ向かう。

16:30~

しかし流石は大河。雑草がゆくてを阻む。





Googleマップの道もこの通り…





なんとかかんとか通り道を見つけて水辺へ。

しかし、淀川のようなベイトがほとんど居ない…

結論。もっと上流に行く必要あり。

次回埼玉エリアおよび江戸川にも入ってみよう。





ケタバスオンリーの夏休みが終わった。





■8月9日
今日は家族が先に大阪に帰る日。

夏季連休前の土日に有休を1日つけて小夏休みとしてみた。

17時、東京駅で新幹線を見送ってそのままアクアラインを通って房総insideへ。

久しぶりに「アジング」を企てたが、現場に着くとウネリでかく、ドチャ濁り。

早々に諦め、穏やかな2箇所目に入るも気配なく。

粘らず潔く館山にナイトイソスジエビ獲りに向かうが…

先週までわんさか居たイソスジエビが…結論からいうと仮眠を挟んで昼のド干潮までやって、ホンのちょっとしか獲れなんだ…_| ̄|○


夕マズメまで海に居残る気力はなく、ケタバスを求めて印旛沼水系へ向かうことにした。



■8月10日



17:30ゲームスタートで1本目はオス。






2本目はメス。
ここでさっきから気になっていた子連れフライマンに声をかけてみる。

フライタックルにエサ仕様でお子さんにオイカワ特訓だそうだ。

お名前は聞かなかったがフリーバードさんではなかったようだ(笑)






今日は遅くまで反応があった。
19時近くなってムッチリオス。

渇水で水深20cm位の超どシャローでヒット。

今日のキャッチは3つ。

コイツらルアーの着水が確実に見えているようで、着水同時バイト多発。

チェイスでバイト、外れてもう一匹がバイト…もう楽しいのなんの。

メッキ、ショゴ好きなら絶対ハマると思うけどな。

…ドブ川だからな(笑)




帰宅後…





和田港では明日解体があるようだったが、道の駅とみうらで冷凍クジラを入手。

ここのが美味い。和田の解体は家族のためにとっておこう。







男のヒトリメシ。少しばかりのイソスジエビとクジラの唐揚げ。

美味~い!



■8月11日ケタバス調査

早朝から…行けるはずがない。

9時に目覚め、洗濯をして…

結局11時過ぎの出発となった。

まずは手賀沼水系の河川。いつもとは違う2本目の川。

3年の調査で確立したケタバスに出会う法則に則りチョイスしたポイントだ。






上流はこんな感じ






下流はこんな感じ。




数投してケタバスのチェイスを確認。ヨッシャおるおる。







10分ほど探ってダウンクロスにやっとヒット。

ヒットルアーはもちろんピグミーボックスシャローミノー。






ハイ2本目は男!






3本目も男!

居る居る手賀沼水系!





少し反応が鈍ったので堰上に上ってみると…

一投目から2匹がチェイス!

堰上だからいないかなあ~と思っていたけど、ちょっとした堰なら上っちゃうのね?






珍しい。ボディフックを食ってるよ。






2本目もボディフックに。

アタリも遠のき、暑過ぎるので13時、ここらで終了。

結局このポイントで5本をキャッチした。


さて、調査はこれで終わらない。

今度はちょっと離れた印旛沼水系へ。

以前入ったことのある1本目の川はさらに草ボーボーで釣りができず2本目へ移動。




ムムムなポイントに到着。

こりゃ速攻だな、と思ったら大間違い。じぇんじぇんダメ。

チェイス、ショートバイトはあるが僅か。

あまりに釣れないので堰上に上ってみるが水深が浅過ぎて流れが速く

こりゃあ魚は住めんな…

そしてさらに堰上に入ると…

今度は深い。で、魚のチェイスも確認できたが…



上がって来たのは…


…御本家オオクチバス。25cmUP。なかなかイイ引きだったけど。

また堰下に戻り粘るがバイト少々で夕暮れを迎えタイムアウト。

小夏休みが終了。

今は真水が楽しいな。

しかし自由を手にすると時間を無駄遣いしちゃうな。

仕事、家族…いろんな制約をやり繰りして得た時間の方が有意義に使えるような気がする。

いや、時間の使い方が下手なだけだろうか…



今日はミノーのシングルフックテストを兼ねて印旛沼水系へ。

テールフックをバーブレスシングルの地獄セッティングにチェンジ。

スイミングバランスを考えてボディーフックはトレブルのまま。

17:00ゲームスタート。






こう見えてちゃんと流れはある。



一投目からチェイスを確認。魚っ気十分。

うん、シングルの方が明らかにフッキング率が高い。

ショートバイトではなくとりあえずフックに乗る。

で、魚の重みを感じた上で頭を振られてバレる。






ダウンからのファストリトリーブでテールフックにヒット!

グッドファイトで20cmオーバーのオス!

グッドフィ~ッシュ!

ちなみにヒットルアーはジャクソンのピグミーボックス/シャローミノー。

水深30cm前後でのケタバスへのアピールはバッチリ。

今のところコレが一番ヒット率が高い。



クゥ~ッ(> <)!カッコイ過ぎる!ケタバスぅ~!






大好きなサージャーでも!

同じ流れでオスばかり3本キャッチ。






今度はレディ。ちょっと小さめ。

同じ流れでレディばかり4本キャッチ。あれ?男女別?






お約束の本家バスはボディーフックにヒット。


18:40ゲームセット。

ケタバスはオス3、メス4。しっかりフッキングしてるけどバーブレスが原因でのバラしは多数。

そして3マイクロバス。

ほとんどは17:00~18:00の1時間にキャッチ。

あまり暗くなるとバイトが遠のくのも特長。

それとダウンストリームからの方が反応がよかった。

いやそれにしても今日はシングルフックのフッキング能力の高さを実感させられた。

スイミングバランスを考えてボディーのトレブルを残したのも正解。

ただ、このトレブルもバーブレスにしとかないとランディング時にネットに引っかかってタイムロス。

次回はトレブルのバーブレス化とテールの地獄をやめてみよう。



ますますケタバス。


眠い。やっぱ朝から片道4kmをチャリっての朝練は消耗する。

しかし、平日朝からの釣りは楽しかった…



これまで何度も朝練を試みたがとにかく一度寝てしまうとなかなか起きられない仕様のため実現できずにいたが、今朝奇跡的にパッと目が開いた!

3:50am、まだ外は暗く、行こうか行かんとこか考えて4:30出発(遅っ)。

4:50amゲームスタート。

数投目からバイト連発のヒット連発のバラし連発。

なかなかキッチリフッキングしない。





やっとのことでランディングした1匹。

リアのトリプルフックを丸呑みしていたので針外しに手こずり魚を痛めてしまった。反省…

サージャーのシングルフックは一発で乗ったから次回はフッキング対策と針外し対策でバーブレスシングルフックを試してみよう。

6:10納竿。さあ出勤。




今日も手賀沼水系ケタバスゲーム。

チャリで15分の身近なワンダーランドへ。






15:00、今日は先日のケタバスポイントより上流から怪しいPをチェックしながら下っていくが魚影もなく反応もなく…


で、結局先日のケタバスPに辿り着き、

ミノーのアップとダウンで1回ずつ、ケタバスを掛けたがバラしてしまう。

魚が小さいのか、フックに問題あるのか…





しかし、これには驚いた。

魚が小さ過ぎる(笑)ミニマル恐るべし。




まだ時間があるので一旦ここは上がり、

未知の下流域をチェックしながら下っていく。






チャリで低コスト、低環境負荷でサクサクっと移動。

カワセミラプソディ…なるほど~だからこの色使いだったのかと今頃気付いた次第。







辿り着いた親水広場的なオープンエリア。

こう見えて結構流れはある。水もクリアだ。

鯉の魚影は濃い。







2投目、ダウンからのシャローミノーのリトリーブでヒット!

(今回は魚に優しく水につけながらの撮影。)

着水後、リトリーブ開始してすぐのヒット。

ただ、水から上げるとすぐにフックアウトする。

魚が小さいからなのか、トリプルフックだからなのか、

あるいはバーブレスじゃないからフッキングが甘いのか…

その後2バイトのみで、17:30~また上流へ戻りながらポイントチェック。







先週の実績ポイントに戻り、ダウンからのリトリーブでルナ47Sにガツンとヒット!








これはいいサイズ。23cm位あったかな。

これは嬉しい。顔も大人の顔してるし。

一瞬戸惑うほどのパワフルなファイトだったがガッチリフッキングしていたので無事ランディング。

これ位のサイズになるとやり取りが面白い。

やはりミノーだ。キッチリ泳ぐ小型ミノーが最もヒット率が高い。






最後はこれ、金ブナかな…。

ゴメン、顔に引っ掛けたみたい。

鯉みたいに走らないので助かった。

<ロッド:カワセミラプソディ TULN-472UUL/Jacksonについて>
結論からいうと今やってるゲームにはバッチリピッタリのロッドだった。

ショートレングスは細い川を至近距離から打つ、ブッシュの間を打つ、橋の下で打つのに最適で、また移動時の携帯性もバツグンだ。

また、渓流用ということもあり、硬めの設定となっているが、

意外とこの釣りは根掛かりが多い。

ブッシュの隙間を狙う、どシャローでボトムの雑巾に取られる、といったシチュエーションが多いからだ。

また、鯉、鮒を掛けてしまうことも多い。

これらの対処を考えるとある程度の硬さも必要である。

あと思ったのはアジにも十分使えることかな。


ともあれエイプリルフールで嘘吹いたことが、期せずして現実化しているこの事実…

でも楽しいんだからショウガナイ(笑)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。