結局ダブルハンドルはブリーデンにした。

どうも他社のはギラギラというかキンキラというか言葉は悪いがカスタマイズしたヤン車のようになってしまいそうで好きになれず。

その点ブリーデンのはなんというか地味なデザインというか飽きのこないデザインというかしっくりきた。

でだ、これまで何店か探していたのだが在庫なく(もちろんネットにもなく)諦めかけていたが、、

まだ見てなかった品川のキャス○ィングに入ったところ、、

あんじゃんあんじゃん♪ブリーデン!

カーボンか…

あ、後ろにショートハンドルあんじゃん

あ、青か。

赤もある。

ゴールドあるじゃん!ゴールドでいっか。

…あれ、クロームブラックあんじゃん!!

おーっ!!お目当てのS-03のクロームブラックがあったのだ!!

え~?信じられん、が確かに今手に持っている。即確保(笑)

喜々として購入したが、、

さて、本当にレアニウムC2000Sにハマるんだろな…不安がよぎる。

確かに何方様かのブログにはハマるとあった。

しかし、よく考えたら俺のはC2000だからボディは1000番と同じ。

ブリーデンの適合表にも番手としては2000と3000とある。

ん、ヤバイ。

そもそもが適合表にレアニウムはないから賭けのようなものだが

さらにC2000の問題に気付いてさあ大変。

付かなかったらどうしよう、いや付かない。ハンドルに合わせてリール買い替えか。

いやいや、もう一度ネットで調べてみよう「C」2000で。


すると出てきた。

この方のブログが

ハマる。よかった。いや、でもハメてみるまでは安心できない。


さて帰宅後、飲み会でベロベロになりつつも作業開始。




パッケージのラベルにはヴァンキッシュも表記されてるということは最近入荷したものか?







さて、先達の解説通り、この赤のワッシャーを外す。

これが時計周りに回すと外れることに気づくのに時間を要してしまった。






そして難なく取り付け完了。
キッチリとハマった。

クルクルクルッ♪お~イイ感じ♪






ルックスもグッド!!

重量バランスについても自分的には全く気にならない。

これでなぜ適合表にレアニウムを入れないのか不思議なくらいだ。

ま、とにもかくにもダブルハンダラーの仲間入り。

これにて一件落着。







<ハンドル交換は自己責任で>
この記事はあくまで個人的な出来事の記録であり、記事の内容については一切の責任を負いません。
昨夜から1ヶ月ぶり、ギックリ腰後初の出撃で房総に来ている。

夕マズメまでの時間潰ししている間にお昼時間。

弁当でも買おうかと保田のオドヤに入ったところ、、





ええサバやんかぁ~(40cm)

ボラも並んでるしぃ~






エンザラやて、カッコ書きでカラスやて、

ホンマカラスみたいな顔してるわぁ~






アンタかさごやて、これムラソイやのにアカンやんかぁ~






いや、デカいエソ…イヤッ、そいやてぇ~

おばちゃん喉までエソって出てたのにソイになってしもたんやろなぁ~






ええコノシロやんか~






イヤッ、メバルこんな小さいのんまで売りはるんやな、がめついわぁ~176円やて。






こちやて。マゴチって書かんとこが頭つこてるわ。
アカンで、ワニゴチやでコレッ。






そして最後はコレ!
何じゃこの3点セットは~!!!
怒るでしかし!



イイ暇つぶしになった。


そろそろ夕マズメPへ移動するか。







上陸ツールを更新。

基本電車出撃の東京湾では大型リュックでは辛いものがあった。

これでスマートに現地入りができる。





こないだのワカシはムニエルになっていた。
ハーブソルトとバターでソテー。
身はパサパサしておらずフワッと柔らか悶絶絶叫美味。


ちょっと残酷にも思えるけど先日沖堤でかいさんがやっていた神経締めを自分もやってみたくなった。

専用の道具が市販されているようだが

ここはDIYで安く上げる。

ネットで調べるとピアノ線よりもステンレス鋼線が良いらしいので

早速東急ハンズへ。

ステンレス丸棒1.0mm×105cmが税込210円也!

デカアジ用に40cm、レギュラーサイズ用に25cmを作成。

持ち手は丸めて、先端は斜めカットで鋭利に仕上げて完成。

ちなみに東急ハンズならピアノ線も巻物ではなくストレートで買える。