最近の自分の嗜好としてショートロッドがある。

川っぺりは結構草木や、土手が背後にありキャストの障害となることが多いからだ。

ただ、ショートロッドはショートグリップがほとんどだ。ツララ系を除いては。

自分がショートグリップを嫌うのはまずキャスト時に左手も使いたいから。

川は基本的にオープンスペース。できるだけフルキャストしたい。

ただ、欲しいけどツララ系のロッドは高価だからポンポンとは買えない。

ちなみにいま欲しいのピカパウ57。ショップで触ってみたが、max耐荷重20g、細身でショートでロンググリップで最高のセッティング。

もうひとつは年明け発売のクプアスー48。渓流ベイトロッド。

クプアスーは価格未発表だがいずれにしても4~5万のものだろう。

まあそれなりのものだから良いのだがポンポンとは買えない。

で、まずは持ち合わせロッドの改造だ。

ベリーネットで手に入れたメジャークラフトのデイズジーンズズ52。

5ftのバスロッド、これがまたなかなか無い。

で、やっと手に入れたがご多分にもれずショートグリップ。まあ、このロッドはフローター用なので考え方としては無しではないが。

世の中には同じようなことを考えている人がいるもので

ショートグリップをロンググリップに改造している人のブログを拝見。

見よう見真似でオペ開始。






グリップを削ぎ落とす






現在ここまで。

ただいま釣道楽屋サバロからのパーツ待ち。










今朝、出勤前に道具はクルマに積み込んで準備はバッチリ。


仕事は直帰で早めに帰宅した。


家には入らずクルマに乗り込んでいざ出撃…


するのをやめた。


釣りはまた今度行けばいい。


今週末は家族みんなと過ごすことにしよう。



◾︎












ハスラー2014ラスト釣行は霞水系。

バサーオールスタークラシック2014のウエイインも気になるが出撃。





いい感じの堰あり。この堰の上で1匹首振り振りでバラシ。

やはり調査はトップシーズンにやるべきだと思った。

ハスラー2014、1240㎜にて終了。

来週は江戸川に帰投だな。



あ、青木大介おめでとう。

小野さん残念だったね。

さすが5位以内のコメントはみなすばらしかった。

ポリタンクもってわけわからんおっさんもおった。

お前自分の釣りとか語る前に試合なんやから戦えよ、的なおっさんもおった。

沢村さん残念でした。

でもバスプロの世界、俺は好きやな。










昼の結果に悶々としつつ今日の家庭人としての責務を果たし、

晩飯前のマズメの1時間だけリベンジに。





先日立ち込んでいた浅瀬が減水で干潟に。






地形がよくわかる…






17:03、すぐに反応あり。小さいけど。

バイト&チェイスも続く。






もうかなり薄暗くなった17:50、またまた小鰣をキャッチ。

フレッシュなポイントに入っても反応があるのは最初だけ。

すぐに反応がなくなってしまう。なかなかシビアな状況。

とりあえず2キャッチでリベンジできたので良し、…としてはイカン。

次は大型狙いで少しだけ遠征するか少しだけ。






ケタバス釣りイベント、鰣人(ハスラー)2014、地味ぃ~~に開催中(10月末まで)。



◼︎


そういえば3月22日で「塩人」開設10周年だった。

長いような、それほど長くもないような…。

10年前、当時は釣りのホームページ開設のちょっとしたブームであった。

世の中的にもインターネットがようやく身近な生活に入り込んできた時期だったと記憶している。

同時期にスタートして今も継続しているものは

…意外と少ない。有名どころでは「ひらめっぱり」とか。

もう老舗サイトの部類やな。

10年ひと昔というが、まあマメだなと思う。

当時はとにかく海の魚がルアーで釣れることが驚きで、嬉しくて楽しくて夢中だった。

いまは残念ながら?あの時のような感覚はないよなあ。

まあ今もあの感じでやってたらある意味異常かな。家庭崩壊やな、ハハ。

それでも10年、釣りを10年続けてるんだからそれなりに好きなんだろうなとは思う。

まあこれからも日記、備忘録的なノリで我が釣りを記録しながら自分のフィッシングスタイル(=生き方)を表現できたらと思う。