上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
                        


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<利根川サクラマス釣行②>



夜中に降雨があったようで入釣経路はぬかるみ。

ちょうど同じタイミングで入ってきたパジェロミニが先に行き

ぬかるんだ轍に足を取られつつも前進。

我が愛車も轍に足を取られながらも後に続くが目前に水溜まりを伴うぬかるみ。突入するか否か・・・

一旦バックしての再突入を思いつくもバックしているとスタック。ヤバイ(汗)。前進あるのみとなる。

目前の水溜まりを伴うぬかるみに突入するとほんとうにスタックの危険がある。

一か八か突入するか・・・しばらく考えてハンドルを右一杯に切り、道脇の草むらに乗り上げることにする。

この判断が良かった。草むらで方向転換をして先ほどバックでスタックした場所を飛び越えて道に戻りセーフ。

ホンダの四駆はおとなしく砂利道にクルマを止めて徒歩で河原へ向かうことにする。

あ~ジムニー欲しい。






さて、予定よりちょっとだけ寝坊したので入水は5:30am過ぎ。

前回は平日。今日は日曜なので50~100m間隔で右岸に8名のアングラー(左岸は1人)。

それでもまだ8名。全くもって快適な間隔。

腰近くまで立ち込んでみたが

ここから50m投げた着水点は対岸から20mほど。十分な位置だ。

水も前回のように冷やっとした感じが薄れ随分と温かくなってきている。

キャスト開始。今回はラピノヴァ1.5号に巻き変えてある。

150mが15カルコンに下巻きなしでちょうどスプール一杯巻ける。

PEを投げ慣れてきたこともあるとは思うが1.2号より安定感ありトラブルもなくイイ感じ。

ウェーディングである程度立ち込んでアベレージ50mオーバーでキャストできていれば特段不自由も感じない。

アンタレスDC もメタニウムMGLもとりあえず要らないからチェストハイウェーダー欲しい。

キャストを繰り返すもニゴイすらあたらない。

9:00、ここは上がって少しだけ下流に移動することにする。

昨年あちこち調べたのでポイントのストックはけっこうある。

30分ほど下ったポイントに入釣。






ウエストハイウェーダーのウエストギリギリまで立ち込んでキャスト開始。

30分ほど経った頃、半分ほど巻いて来たところで何者かがヒット!

5秒ほどのファイトの後、尾ビレを見せてフックアウト。

色はニゴイ色ではなかったが、引きはニゴイのようでもあったがニゴイと断定できるものはない。

まさかこれは?!!・・・

ウグイ?

サクラマスを釣ったことがないのでどんな引きなのかさっぱり予測がつかないが

顔を見ていないわけだからニゴイともウグイとも、

そしてもちろんサクラマスとも断言できないわけだが

魚信があっただけでも移動した甲斐があるというものだ。

逃がした魚に思いを巡らせ、11時納竿とした。

インスタグラムを見ているとぼちぼち上がって来ているようだ。

いよいよシーズン本番突入のようだ。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。