河川というのは海に比べて遥かに「沿岸」が長い。

利根川ひとつとっても、流域総延長×こっち岸とあっち岸だからだ。

とはいえ実際には雑草群に阻まれ、人間が近づくことができる「岸」はそれほどでもない。

…にしてもそれでも相当長いことに変わりはない。

そんな川が大小いくつあるだろうか…

いずれにしてもそこに入れるかどうかはそこに行ってみないとわからないから

ポイント開拓の労苦は相当なものである。

しかも漁港のようなものがほとんどないから何を起点にポイントを開拓したらいいか迷うところでもある。

自分の場合は、まず堰を起点に考える。

やはり魚も一旦そこで行くてを阻まれ溜まると考えるからだ。

それ以外にも橋や河川敷公園、川の分岐点などで絞りこんでいくが水辺に近づけるかどうかはやはり「行ってみないとわからない」のだ。

水辺に近づけない場所は相当多くそういった場所は魚天国なのだろうな、などと考えるとまたワクワクしてくるのである。


さて、本題。

今日は江戸川。

前回の鬼怒川も臭ったがその前に昨年意外に魚影の濃さを感じた江戸川上流。

ここを攻めなアカンやろー?!と思い出し出撃。

昨年よりさらに上流の利根川から分岐してすぐあたりの場所に入釣した。






Googleマップの航空写真では絶対にわからないこの現況。

入るとこナイヤンケ…

と諦めかけた時、入釣ルート発見!







なんでもすぐに諦めたらアカンなー。

瀬とヨレのあるパッと見かなりイイ感じのポイント。


本流脇のヨレの岸側にsukari63HSアユを通した2投目、ググッとヒット!

なかなかよく竿曲げてあがってきたのは





(15:49)いや~いきなりテンションアゲアゲのグッドサイズだ。

抱卵してるのか腹ボテムッチリ。






関東自己記録タイの25.5cm。
(いつものランディングネットと計測器が行方不明中…前回釣場に忘れてきたか…???)







ほどなく2匹目、20cm(16:06)。





連チャンで18cm(16:10)。徐々にサイズダウン…

その後暫く沈黙が続き…


いくつかのバイト、ギルジャンプバラしなどなど…





ガツンとスモマ27cm(17:19)。初めて釣った。

徐々に日は暮れ

18時過ぎ、さっきから回収寸前に目の前足下でルアーに猛追する影…

同じ魚だろう3度目の正直でトラウトチューンHWにグッドサイズのオスがヒットしたが!!!

ピックアップ寸前で…、バレた…

18:30もう随分日が短くなったもんだ。

薄暗く寂しくなってきたので終了。

25.5が出るあたり、なかなか良いポイントに当たったかもしれぬ。

何か、大物が出る予感がする。

引き続き江戸川を継続することにする。

<今日の釣果>
ケタバス25.5cm、20cm、18cmの3匹。

25.5cmは6/14大堀川22cmと入れ替えでトータル1220mmにハスラー更新。





参加者まだまだ大募集中!ケタバス釣りイベント、鰣人(ハスラー)2014、地味ぃに開催中。




◼︎
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する