8月14-15日は恒例夏の旅行。

今回は天の橋立へ。釣具不携帯で(!)




久しぶりに訪れたがやっぱりいいなあ日本海。

幸いも雨に降られず良い旅であった。





さて旅行から帰った翌朝2:00起床。

再び、コアユいやいやいやケタバスを、あの軍団を狙いに琵琶湖湖東へ朝練に向かう。

4:00過ぎには到着したがまだ暗い。こっちは夜明けが遅いんだな。






5:00前ようやく薄明るくなり早速河口に出てみるとコラアカンわレベルのド茶濁り。(写真は完全に日昇後のもの)




仕方なく濁りを避けて湖岸へ出るがそれでも濁りは入っている。

今日はラインを巻き直して再びベイトタックルからのスタート。

13日のバックラッシュ地獄がありSVSも慎重なセッティングからスタート。

今日はルアーの弾道をしっかり見届けて着水間際でラインを止める。
(今までやってなかったんかい?と言われると困るのだが、なぜか13日はオープンスペースのロングキャストでその辺はあまりシビアに意識してなかった気がする)

これとストップ前のサミングでバックラッシュなく綺麗に決まる。

SVSを徐々にOFFっていき2onのところでイイ感じだったがさらに欲張って1コだけにしたらバックラッシュ。

6.5g(DUOスピアヘッドリュウキ60S)ではこの辺が限界かな。

それでも2onで最大で30m強の飛距離を出せるまでになってそれはもう楽しい楽しい。決まる決まる!

下巻しているので巻上スピードも十分十分!

13日はバックラッシュをリールのせいにしていたが間違いなくセッティングとスキルの問題だった。


6:30頃、やっと手賀沼サイズをキャッチ。
(写真はデジカメとiPhone混在で使用しているが今回デジカメの日時が全く狂ってしまっていた)






しかし今日は先日の不調が嘘のようにロングキャストがバシバシ決まるので獲物が少なくても気分が良い。

が、あまりにも反応が薄いので7:30移動を決意。

少し北に上がってみたところ…




一投目でヒット。ただし手賀沼サイズ。

ここも小さな川の河口といえば河口にあたる場所で

本流の濁りから一段クリアになっているポイントでのヒットだった。

しかし、またしても後が続かず、更に北へ移動。

移動といっても500mほどだか…

移動先はクリアウォーターだったがハスっ気全くなく






8:04、先ほどのポイントに戻ってほぼ同じ場所で3匹目の手賀沼サイズ。

これにて時間切れ。

2日に渡る琵琶湖東岸プラ、そう、プラなのだ一応。

東岸プラはこれにて終了。

サイズが出なかったのは想定外。

イージーかと思ったら全然。

本番の(行けるのか?)9月が楽しみだけれど。




ケタバス釣りイベント、鰣人(ハスラー)2014、地味ぃに開催中。






◼︎












コメント
この記事へのコメント
>手のヒラアジさん
アラサーがドッカンドッカンをイメージしてたので拍子抜けしてしまいました(笑)



2014/08/24(日) 13:46 | URL | 塩人 #-[ 編集]
ども。
さすが琵琶湖、釣れてますねぇ~。
でも、琵琶湖に行ったら琵琶湖サイズが欲しいですよね。(^^;
関東の尺アップに期待します。
2014/08/24(日) 13:25 | URL | 手のヒラアジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する