上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
                        


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【5月24日】房総デカアジ~エギング

今年はまだ一本も獲れていない乗っ込みデカアジ。

水温はすでに十分だが毎度毎度海の状態がよくない。

だいたい凪倒れか風うねりかどちらかである。

適度なうねりがあって微風という状態にめぐり逢わない。

さて今回は…

1:00am、いつものように風神玉でゲームスタート。

南の強めの風に水面がザワザワザワザワ。うねりなし…見るからに釣れなさ感いっぱいの海にやる気も出ない。

案の定反応なく、1時間で見切り、潮位のあるうちに風裏シャローPへ移動。

朝マズメまで風神玉を投げるも反応なくエギにチェンジ。

今日も凪であるがやや風があり水面がザワザワ落ち着かない。





数回コンタクトがあったが乗らず。

下げ一杯で万歳してイソスジエビ獲りスタート。

干上がった磯場の潮溜まりを順調に進んでいくと…






ゲッ?!一瞬何かわからなかった!デカモンゴが潮溜まりに!!しかも元気。

ちょっとかわいそうな気もしたが釣ったと思えばってことでお持ち帰り。

磯遊びも終えて内房を下道で北上しながら先のタンカー沈没による重油接岸の影響を確認する。

金谷フェリー港、保田、竹岡と見たが重油の痕跡すら見つけることができなかった。

竹岡では恐る恐る漁師さんに聞いてみると気さくに色々と話してくれたが

要はもう大丈夫、ってことだった。

竹岡周りの磯はまだ時間がかかる、みたいなことを言ってたように聞こえたが…

ネイティブ千葉弁につき100%の読解は不能。

幸いタンカーからの重油の流出自体は止まっているらしい。

漁師さんによると浦賀水道に入る前の自由航行エリアが問題だそうな。

混雑は既にこのエリアから始まってるのでここに監視をつけないといつまでも同じ事故が起こるということだった。

でもこの漁師さん、凄いと思ったのは「油の漂着は自然災害みたいなもんだ」と言ってたところ。

近頃何でもお上の責任にして自ら努力しない風潮がある中、なんとも頼もしい。

まさに日本漁師、武士道である。

このエリアの重油の影響が軽微ということがわかったのは大きな収穫だった。







【5月25日】手賀沼ケタバス


今日は手賀沼中南部の河口域から6:30スタートするも…

見事に無反応!

そこで染井入落という川を上っていくことにするも反応なく、

途中からはコンクリート水路のようになっておりこの川に見切りをつけ、フラゲポイント(道の駅しょうなん前)へ移動。

しかし、ここも全く反応なく、橋を渡り北岸へ移動。

Dコンタクト2で葦周りを攻めているとドスッと(ちょっと盛ってるが)ヒッ~ト!

ここでは良型の23cmクラスと見える婚姻色のケタバスが顔を出す。

が、ランディングネットで取り込もうとした時、ひと暴れでフックアウト。

返し潰しは汚いので止めて全てバーブレスフックに取り替えたのでバレ易い。

悔しい~ 一気に陸に上げてしまえばよかった。

いや~悔しいがケタバスが居てくれてよかった。

イマイチ止水域のケタバスの居所がわからないが

フラゲ同様、葦周りのポケットのような場所で、獲物を待っているようだ。

その後暫くキャストしたがバイトするはずもなくルアーをスピアヘッドリュウキにチェンジした直後!






メスがヒット!一気に陸に上げてまずはひと安心。

キャッチしてしまうと、何に引っ掛かることもないバーブレスフックは実に快適である。

しかしそれにしても、暴れる魚を水中で押さえつつゲージを当てて

もう片手で一眼カメラで撮影は…修行が必要だ。

19cmだったのでハスラーエントリーはできなかったが嬉しい1匹。

もしかしたら雌雄で行動してたのか?さっきのオスとほぼ同じポイントでのヒットだった。




その場を離れ葦林の途切れた場所を片っ端から攻めるが反応なく12時投了とした。


さて、次回もう一回だけ今日釣れた場所を再チェックして手賀の沼部調査はひとまず終了とするかな。




コメント
この記事へのコメント
>てとらぽっとさん
コメントありがとうございます(^.^)
ケタバスの魅力を分かち合える数少ないお仲間です(笑)関東ご出身なんですね。昔の手賀沼は臭くて水辺を歩けなかったようですね。U20cmがほとんどですがなかなかの魚影ですよ。なんとかこっちでも尺クラスの出るポイントを開拓したいものです。今後ともよろしくお願いします。
2014/05/28(水) 23:05 | URL | 塩人 #8DHrtJ/A[ 編集]
>ラルゴさん
お久しぶりです(^.^)
なんか今年は上手くいきません。
例年4-5回行けば1度はあたるんですがね。
残された時間はあまりありませんので私も隙あらば出撃でなんとか1本は獲りたいです。
イカは今年再デビューしました(笑)内側で頑張ります(^.^)!
2014/05/28(水) 22:56 | URL | 塩人 #8DHrtJ/A[ 編集]
コメントいただきありがとうございました。

すっかりハスの魅力にとり付かれてしまったと同時に琵琶湖の偉大さにはただただ驚くばかりです。
やはり日本最大の看板は伊達ではございませぬ。

しかし手賀沼にハスが生息しているというのは正直驚きました...
(関東出身者で『手賀沼=ばっちい』が鉄板なので)



2014/05/28(水) 22:42 | URL | てとらぽっと #-[ 編集]
ご無沙汰してます。
私も20日満潮時刻に入りましたが、無風&ベタベタ状態で
魚からの反応も皆無でした。
翌日のモンゴ×2で帰宅となりました。

再チャレンジ検討中ですが、アオリは外房が好調の様子ですね。
2014/05/28(水) 22:31 | URL | ラルゴ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。