2013年も終わり。

今年は大好きな筈の横浜沖堤から足が遠のいてしまった。

原因は上手く釣れないのと人が増えたのと。

予定では今年開花するハズだったんだがf^_^;

かといって房総も外側は人が増えて足が遠のいた。

基本的にはできれば静かな環境で釣りをしたいから「今話題のポイント」のような場所へは行かなくなる。

その反動?でもないがマイナーターゲット、ケタバスには熱くなった。

地元の初魚も、琵琶湖の魚も獲れてケタバス元年と言える年となった。
このブログのサブタイトルもvarious water anglerにしたし。

これは2014も継続決定。2014は地元で尺クラスの魚を獲ること。琵琶湖にも行く。

前後するが房総春の乗っ込みデカアジはもうライフワーク。

どこで釣ってるかは申し訳ないけどinsideとしか言えない。

なぜinsideという表現を使っているかが唯一そして最大のヒントなのだけど。

これは自分が悪者になっても、色んな意味で大きな損失ではあるけれども「情報交換」はしないことに決めた。

人で溢れかえった幾多のポイントの轍を踏みたくないから。

いくらマナーが向上しようとも、挨拶しようとも、ゴミを拾おうとも、
数の暴力にはなす術はないと思うから。

ポイントで出くわしましょう。

でもどういう訳か未だ出くわしたことがないが…f^_^;

あと今年はメタルマルに目覚めた年。メタルマル元年でもある。

これだから釣れるということは言わないが、いやその前に大した魚は釣っていないが、これで釣りたい、と思わせてくれるルアーだ。

これで釣れてくれる魚は全てターゲットだ。

安っぽい表現でいうとウルトラライトジギング、になるかな。

この釣りも2014継続決定。



そして今年1番の獲物はこれかな。

「アジング」から足が遠のいているがやはり「アジング」もやりたい。

5年ぶり位に実物を店で(笑)触ったがやはり最高のアクションだ。

柔なメバルロッドのビヨンビヨンな柔らかさではなく、張りのある柔らかさ。その塩梅はスペシャルだ。

これで魚を釣った訳でも、全てのロッドを触ったわけでもないが、TR68ストレンジ最高、と言い切る。

軟→パッツン→軟のような流れでロッドのトレンドが動いてきているようだが、詰まる所この68ストレンジみたいなアクションに行きついていると思う。凄いロッドだ。

2013はブリーダー元年でもあるか(笑)

最後に今年はタチウオが物凄く気になった年でもある。

本当なら今日29日に武庫川一文字に渡ってタチウオの残党をメタルマルで一掃する予定だったがあまりの寒さに行く気が失せてしまった。

寒いから行かない。アングラーとしては痛恨の極みであるが、痛恨を極めてしまった…そう、


今年は何が何でも行ってみる、というのがなくなった年でもある。

可愛い娘は小3と小1。そしてカミさんとの時間を大切にしたいという気持ちが大きくなった。

釣りは子どもらが大きくなったらいくらでも行けるから。

それとそうだ、今年はシマノのサポートからダイワのサポートに変わった元年でもある。

誤解しないと思うが念のために言っておくがサポートしているのはこっちの方なので(笑)

話が逸れたが2014はショアタチもやりたい。

そのためにトップシーズンに武庫一に渡る(混んでると思うけどこれは構わん)。

駿河湾のショアタチウオもやってみたい。

そんなこんなで行く年来る年。

2014も良い年でありますように。



by 塩人

2013.12.29





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する