上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
                        


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はカミさん実家の我孫子利根川。

先日ダメ出しした場所より下流(河口から約80km上流)に入ってみるが、





あっち側が流心。
こっち側はホント流れない。
ほんとベイトが見えず…
かといってあっちでも釣れる気がしない。

居るのは鯉の類。

まあ今日はここでやるしかなかったワケだけど

見事にノーチェイサー。

15:00~17:00、かなりキャストしたけど

やはり見えベイトも流れもない場所にはケタバスは居ない、

という結論に達したのがせめてもの成果か。




今日のタックル。
今シーズン残りはこれで乗り切る。しかない。
ラピノバX0.3号もイイ具合。


ところで晩秋から冬の間、ケタバスはどこへ行くのだろうか?

湖沼絡みの河川なら川を下って湖沼の深場に落ちる、という説明で一定の説得力はある。

しかし例えば江戸川だと逃げ場がない。

上も下も川だ。

実は真冬でも釣れるのではないか?などと考えつつ、

久しぶりにアジでも釣りに行くかな、などと考える初秋なのであった。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。