今日は家族に付き合ってもらって江戸川ケタバス調査。

釣れることがわかっているPで楽しむのもありだが、今はそういう気分ではない。

家族を巻き込んでまでも調査する。

また振らせろ振らせろと子供らが言うだろうからタックルは2セット用意。

しかし、利根川同様草ボーボーで簡単には水辺に近かづけない。

なんとかかんとか辿りついたポイントはワンド。

対岸はいい感じに流れているが、対岸とて水辺へのアクセスは容易ではない。

彷徨い続ける時間もあまりないので仕方なくここで竿を出すことにした。






70cmクラスの背掛かりした鯉を処理中。

鯉の魚影は濃い。子供らのスプーンにもバイトがある。

しかし、鯉とは明らかに異なる素早いチェイスもかなりある。

しかも2、3匹が競うようにルアーにアプローチしてくる。

間違いなくケタバスのチェイス。シャシャッ!って…

しかし、カスリもしない。

今日は琵琶湖タックルのみ。ルアーがチョイデカイのか…

結局15:30まで2時間位居たがケタバスを見ることはなかった。

次回は、軽重2セット用意して行こう。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する