今日はミノーのシングルフックテストを兼ねて印旛沼水系へ。

テールフックをバーブレスシングルの地獄セッティングにチェンジ。

スイミングバランスを考えてボディーフックはトレブルのまま。

17:00ゲームスタート。






こう見えてちゃんと流れはある。



一投目からチェイスを確認。魚っ気十分。

うん、シングルの方が明らかにフッキング率が高い。

ショートバイトではなくとりあえずフックに乗る。

で、魚の重みを感じた上で頭を振られてバレる。






ダウンからのファストリトリーブでテールフックにヒット!

グッドファイトで20cmオーバーのオス!

グッドフィ~ッシュ!

ちなみにヒットルアーはジャクソンのピグミーボックス/シャローミノー。

水深30cm前後でのケタバスへのアピールはバッチリ。

今のところコレが一番ヒット率が高い。



クゥ~ッ(> <)!カッコイ過ぎる!ケタバスぅ~!






大好きなサージャーでも!

同じ流れでオスばかり3本キャッチ。






今度はレディ。ちょっと小さめ。

同じ流れでレディばかり4本キャッチ。あれ?男女別?






お約束の本家バスはボディーフックにヒット。


18:40ゲームセット。

ケタバスはオス3、メス4。しっかりフッキングしてるけどバーブレスが原因でのバラしは多数。

そして3マイクロバス。

ほとんどは17:00~18:00の1時間にキャッチ。

あまり暗くなるとバイトが遠のくのも特長。

それとダウンストリームからの方が反応がよかった。

いやそれにしても今日はシングルフックのフッキング能力の高さを実感させられた。

スイミングバランスを考えてボディーのトレブルを残したのも正解。

ただ、このトレブルもバーブレスにしとかないとランディング時にネットに引っかかってタイムロス。

次回はトレブルのバーブレス化とテールの地獄をやめてみよう。



ますますケタバス。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する