今日も手賀沼水系ケタバスゲーム。

チャリで15分の身近なワンダーランドへ。






15:00、今日は先日のケタバスポイントより上流から怪しいPをチェックしながら下っていくが魚影もなく反応もなく…


で、結局先日のケタバスPに辿り着き、

ミノーのアップとダウンで1回ずつ、ケタバスを掛けたがバラしてしまう。

魚が小さいのか、フックに問題あるのか…





しかし、これには驚いた。

魚が小さ過ぎる(笑)ミニマル恐るべし。




まだ時間があるので一旦ここは上がり、

未知の下流域をチェックしながら下っていく。






チャリで低コスト、低環境負荷でサクサクっと移動。

カワセミラプソディ…なるほど~だからこの色使いだったのかと今頃気付いた次第。







辿り着いた親水広場的なオープンエリア。

こう見えて結構流れはある。水もクリアだ。

鯉の魚影は濃い。







2投目、ダウンからのシャローミノーのリトリーブでヒット!

(今回は魚に優しく水につけながらの撮影。)

着水後、リトリーブ開始してすぐのヒット。

ただ、水から上げるとすぐにフックアウトする。

魚が小さいからなのか、トリプルフックだからなのか、

あるいはバーブレスじゃないからフッキングが甘いのか…

その後2バイトのみで、17:30~また上流へ戻りながらポイントチェック。







先週の実績ポイントに戻り、ダウンからのリトリーブでルナ47Sにガツンとヒット!








これはいいサイズ。23cm位あったかな。

これは嬉しい。顔も大人の顔してるし。

一瞬戸惑うほどのパワフルなファイトだったがガッチリフッキングしていたので無事ランディング。

これ位のサイズになるとやり取りが面白い。

やはりミノーだ。キッチリ泳ぐ小型ミノーが最もヒット率が高い。






最後はこれ、金ブナかな…。

ゴメン、顔に引っ掛けたみたい。

鯉みたいに走らないので助かった。

<ロッド:カワセミラプソディ TULN-472UUL/Jacksonについて>
結論からいうと今やってるゲームにはバッチリピッタリのロッドだった。

ショートレングスは細い川を至近距離から打つ、ブッシュの間を打つ、橋の下で打つのに最適で、また移動時の携帯性もバツグンだ。

また、渓流用ということもあり、硬めの設定となっているが、

意外とこの釣りは根掛かりが多い。

ブッシュの隙間を狙う、どシャローでボトムの雑巾に取られる、といったシチュエーションが多いからだ。

また、鯉、鮒を掛けてしまうことも多い。

これらの対処を考えるとある程度の硬さも必要である。

あと思ったのはアジにも十分使えることかな。


ともあれエイプリルフールで嘘吹いたことが、期せずして現実化しているこの事実…

でも楽しいんだからショウガナイ(笑)。



コメント
この記事へのコメント
>フリーバードさん
いまホント楽しいです。
利根川モンスター、頭に入れときます( ̄^ ̄)ゞ
牛久沼系とか小貝川もいいみたいです。
江戸川にも居るんでしょうねきっと。
2013/07/23(火) 08:02 | URL | 塩人 #8DHrtJ/A[ 編集]
こんにちは!
だんだんサイズもアップしてきましたね・・・

沼水系だと尺どまりみたいです。
大きい川だと相当でかくなるようです。
京都の宇治で40↑を釣ってました。
利根川辺りにモンスターがいるんじゃないかと思ってます。
2013/07/23(火) 00:28 | URL | フリーバード #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する