自分の釣り(敢えてアジングとは言わない)には欠かせないタイディソアレアウトシュート。

コイツの一番の特長は数多の玉の中で唯一ラインカットせずにセットできる点だ。

ウキゴムを通しておく必要もない優れもので、単体との切り替えもスピーディーにできる。

ただラインの直線性はキープされるが中通しではない点が欠点であると思うことがある。

そこで閃いた…




ラインストッパーを外し…







市販のウキゴムを…(ちょうどグリーンがあった)







ほどほどの長さにカットして…








本体の溝にハメるとタイディ中通しの完成。

セッティングの手間はあるがタイディの沈下性能、投擲性能はそのままにラインフリーとなる。

これは使えるチューンナップだ。









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する