Mフロートなるもの…





玉遣いの身でありながら、フロートを母艦に沖の直下をタテに狙うという発想はなかった。

これは玉遣いの身としては格好の遊び道具である。

これを思いついたヤツはなかなかの者よの。

まあ、これでなくても出来たことではあるが…

いま提案してきたことは評価できよう。

浅場、遠浅サーフ、磯絡みシャロー…

思い切って沖堤の沖の直下を狙ってみる…

試して見たい場所は沢山ある。

ハリスを思いっきり長く取る、ハリス無し…

試してみたい仕掛けも沢山ある。

ただひとつ気になるのは、ハリスとPEの結束部分が邪魔にならないのか?

沖の母艦からスルスルとジグヘッドが落ちてくれるのか。

まだ実物を見ていないので(ママ写真ありがとう♡)

なんとも言えないが。

まあ多分大丈夫なんだろう。

あとこの飛びそうなフォルム、イイんじゃない?

願わくばこれのシンキングモデルも出して欲しい。






帰宅後、モノをみてみると…

日本製、だけど穴が上から下までまっすぐ貫通しておらず

中で少し湾曲しているのが気になる。

また、質感は、風神玉のように漆器のような仕上がりではなく

いかにもプラスチックな素材で、ややチープな印象。

ま、機能的にはいずれも問題なし。

結束箇所の通りもナイロン2号で八の字ぐるぐるノットで組んだシステムでは問題なさそうである。







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する