DAIWA LATEO 86LL-S・Qを買った。


ツイッターで釣道具購入の長期凍結を宣言したが、やはり不便なものは改善する。



デカアジを狙う時、10gある飛ばし浮き、風神玉(だいぶ前にメーカー廃盤)をよく使う。

こいつをライトクラスのシーバスロッドでフルキャストするのだがノーマルガイドへのライン絡みが

改めて嫌になって買い替えを決めた。

パワーのあるアジングロッドではだめで、ライトなシーバスロッドがよい。

8ft台で、価格は安いものでよい。とにかくライトなシーバスロッドを探している、と釣具屋の店員さんに伝えると

これを提案してくれた。


写真 (6)_R

ダイワはノーマーク。しかし手にとってみてガーン!!! 

イメージしていた通りのロッド。

そして即決。




写真 (6)_R

別に真鯛が上げられなくてもいい。イナワラを上げられなくてもよい。

オーバーパワーは扱いにくい。でもパワーのあるアジングロッドではパワー不足。

例えばサーフにおけるナイトアジ~日昇後ヒラメパターンなどでは1本のロッドで

軽~重さまざまなリグに対応できなくてはならない。

繊細なシーバスロッドを求める訳である。

グリップ長さもちょうどいい。


DAIWA LATEO 86LL-S・Q


これは、い~ぃロッドだ。


でも今週は水温下がったから釣りには出かけない。





-END-







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する