今回は珍しくメバル釣り。しかもデイメバル。

先月のデカアジ釣りの後、思うところあってのメバル釣りだ。




天晴れの快っ晴~!場所は神奈川の、船で渡る防波堤。









今回は知る人ぞ知るエキスパートアングラー、チキューさんにお願いし、改めてメバル釣りを教えていただくことに。

思えばチキューさんとは2年前、これまた船で渡る防波堤で偶然お会いし、巻かないアジングを教わった。

その時に、今度デーメバを教えてあげるよ、と言っていただいていたのだがその時は

アジにしか関心がなくお断りしていた。

そして苦節2年。大きく遠回りしてやっとメバル釣りの重要性に気付き、今日の釣行となったわけである。

で、チキューさんに加えて楽しい仲間、ヨージくん、カナコちゃんの4人で防波堤へ上陸。





今回はライトタックルのボトムワインドゲーム。

チキューさんに言われたとおりジャズの尺ヘッドDの1.5g、2g、3g、4gに






ラインはよつあみのPE、X-3(0.25号)を用意。
(このライン、特にトラブルなく、また根回りに打ってるにもかかわらずブレイクもなく非常に扱い易かった。これにフロロリーダー1.5号を約40cm結束)


さて、チキューさんから釣り方とポイントの概要をひと通り解説いただき8:00amスタートフィッシング。

まずは3gから。






で、すぐにカサゴゲット。今日は基本コイツに一日中遊ばれることとなる(笑)

チキューさんによるとここのメバルは特有のベイト事情が影響しているという。

春先に大量発生するウミタナゴの稚魚を狙ってメバルが接岸するそうだ。

しかしながらデーゲームにおいては稚魚=プラグで釣れるかと思いきや基本的にはボトムでの

ジグヘッドのワインドで獲っていく釣りとのこと。

ただ、時既に終盤のようでウミタナゴの稚魚の大群は姿を消しつつある状況で確かにメバルの反応は薄い。






そんな中、1.2.3.4.ワインド後のフォールでバイト、24cmクラス。




いくつものミニカサゴを通り過ぎて…






グッドサイズ!25cm近いかな。

潮下からワインド&潮下へのテンションフォールでヒット。

ミニカサゴの猛攻の中からメバルを引っ張り出す楽しさ!!

今日ほどメバルがありがたかった日はないな(笑)








途中、チキューさんからUMF pro4をお借りして実釣。写真は XT610FS。

パツパツではなくスローテーパーなのに高感度。ラインテンションの変化が非常によくわかる。欲しいw

アジングでその本領を発揮する感じ。
(アジング用でこのロッドがチョイスされることはほとんどないそうだが)

このロッドを持ってみるとエクスチューンが随分とパワフルなロッドに思えた。

正直、アジングにはスパイラルX要らんなぁ的な。

むしろ今回のような重めのジグヘッドをパンパンとワインドさせて、かつヒットしたら根に入られる前に

一気に引っ剥がすような釣りには適任のような気がした。






これまたXT610FSにて。クジメちゃん。尾びれの後端にアールがアルからクジメだね。


途中いくつものミニカサゴの後…




本日品薄のメバル18cm!これまたXT610FSにて。






腹掛かりでベラ。もう少しで穴に入られるところだった。







ムラソイ。ここのソイは臭いからクソイとも言うらしいww






ところでロッドホルダー。先日ホームセンターで売っている配管用具での代用を書いたが、、、

この程度の機能なら、、、



このようにマジックテープバンドを輪っかにしてやるだけで十分ということが発覚。






バイトも減ってきたため、12:00の便で隣の堤防に移動。

この防波堤、実は7-8年前、東北デカアイナメに傾倒していた時に東北デカロックヘヴィメソッドをそのまま持ち込んで大失敗したことがあった(笑)。
それ以来の上陸だ。




さて、移動してからもミニカサゴは釣れ続き・・・

そのカサゴでさえも潮の動きに比例して釣れたり釣れなくなったり…

そこで、密かに用意しておいたカブラジグヘッド!

シマノのタングステン1.5gホワイト。

ちょいと軽かったがお店にこれしかなかった…





けど即答えが!

ボトムワインドでメバルゲット!!

カブラジグヘッドにチェンジして一発目のヒットだった。

カブラジグヘッドではじめて魚を釣ったよ(笑)

なんかカブラジグヘッドで釣ると得した気持ちになるのは何故だ?(笑)



しかしその後も、、、





カサゴは言うまでもなく…






またメバル!なんだろう?オーロラ色のお毛毛みたいなのがデイライトに照らされて輝きが増幅しているんだよな。


いくつかのミニカサゴを挟んで…




ズドン!23cmクラス




もちろんカブラジグヘッドで!






昨日と打って変わって今日は快晴。

日焼け止めが無かったら死んでたな。



15:50、この晴々したお天道様のような気持ちで今日の釣りを終えた。

いや~楽しかった。そして勉強になった。また行きたい。いや、行くだろう。

チキューさんお付き合いいただきありがとうございました。

ヨージくん、カナコちゃんお疲れ様でした。


釣果:メバル23-25cm×3、20cm未満×3、クジメ×1、ムラソイ×1、ベラ×1、カサゴ×大量。








自分が釣った大きいの上からふたつとチキューさんにオモライした良型ふたつをお持ち帰り。

乱暴にも四つともムニエルに。根魚はムニエルに限るというのが我が家の定説。手前の赤いのはトマト味。

臭みなく淡白で上品なお味でした。

ムニエルって綺麗に仕上げるの難しいね。

そうそう書き忘れたのがデイゲームでは偏向グラスは必須だ。




自分もシマノの安物クリップオンタイプを着けたがかなり助かった。

ヨージくんの度入りタレックスも掛けさせてもらったけど正直な感想は、『変わらない』。

むしろシマノの方がきらめきが抑えられて見やすくさえ感じたんだよなぁ。

ま、これはあくまで個人的な主観に基づく感想なので参考程度に。

とにかく安物でも無いよりはあった方が良い。というか無いと目を悪くするね。特に晴れの日は。



コメント
この記事へのコメント
>ikeikeさん
ぜひ行きましょう!4月から(笑)
来年のスケジュールに組み込みますよ。
あと今年の12月はアイナメ狙いで上がるつもりです。
2012/06/13(水) 14:20 | URL | 塩人 #8DHrtJ/A[ 編集]
>TATさん
とにかくここは稚魚の量が膨大で特異だそうですが
房総でもデイメバポイント開拓したいですね。
2012/06/13(水) 14:15 | URL | 塩人 #8DHrtJ/A[ 編集]
あの船の遅さと排ガスの臭いをなんとかして欲しいものです^^;

来年は5月にメバリに行きたいですね!

2012/06/13(水) 09:03 | URL | ikeike #-[ 編集]
こんばんは。
こりゃまた興味深い釣りをされていますね(^^)
ウミタナゴ稚魚、外房ではまだ居るトコありますね・・・次にデイもやってみます。
2012/06/12(火) 20:01 | URL | TAT #Knya96cQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する