さて、いよいよ2011も釣り納め。

毎年恒例の大阪帰省釣行だが、毎冬釣果がパッとしない。

で、今年もパッとしない。

で、完全ボーズをやっちまった。



泉大津~深日港~谷川港~泉大津とスケジュールを延長してまでやったけどダメ。


最後の泉大津は読み通り夕方、アジの群れが来たが

完全にコマセモードで手も足も出ず。



いちいち言い訳はせず、来年から冬場は和歌山だな。





2011あとがき

今年は忘れもしない3.11がありこの先どうなるのか?と釣りだけでなく全てのことが先行き不透明となったが

房総~東京湾エリアにおいては従前通り釣りができる環境が残ったことは

不幸中の幸いとして感謝しなくてはならない。


今年はまず、マアジの尺越えを一尾も獲れなかったことが心残り。

これは乗っ込みシーズンと震災が重なり気分的に出撃を控えたことが大きいが
そうは言っても少ないチャンスをモノにできなかったことが悔やまれる。


翻って青物は(アジじゃないけど)少ないチャンスに運良くハマり、

東京湾マルアジは例年通り、ソーダに至っては南房ではじめてキャッチすることもできた。

また釣り納めでは最後の2回が余計だったが房総釣り納めでは短時間に43匹と数釣り自己記録を更新。

ところで東京湾アーバンアジングではいわゆるアジング日和になったことが一度もなく、行くたびに毎回気象条件が悪く、アジの寄りの悪い日ばかりだったこと、だけが原因とは言わないが
マアジの「3ツ抜け」はまたしても越年してしまい3年越しの課題となってしまった。

ただこの間、アジング技術については確実に向上してきているので

2012にはこの課題もクリアできよう。





■■■
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する