今回は子供の夏休みの自由研究の材料集めのため家族で内房へ。

自由研究のテーマ選びから頼まれたから仕方ない。仕方なく出撃(笑)

でもどうせ行くんだし、どうせ朝起きられないんだから

前夜から現地入りした方が時間を有効に使えるし

どうせ前夜に入るなら皆が寝ている間だだけ釣りしたって

誰にも迷惑はかからないんだからタックルも積み込んで

土曜の夜22:40、仕方なく自宅を出発(笑)。


今回は今年最後のデカアジ狙いのケジメ釣行および南房で朝だけソーダ狙いの二本立て。

先ずはデカアジ。

今年は遅れているとはいえ、もうすっかり夏なので

従来のシーズンは大きく逸脱しているが

そろそろ気持ちを入れ替えるためにもケジメ釣行。


1:30am、いつものポイントに入る。

北の微風、凪、澄み潮、水温十分。


いつものタイディ+グラスミノーSSクリアホロに加え、

ジグヘッド+スリムクローラー/ケイムラを適宜チェンジしながらキャストを繰り返す。

徐々に上げ潮が効き始めた頃、ようやくのヒット!

アタリこそ、ぽかったがパワー不足。

でもアジはアジのようである。


2:14am、25cm。

サイズが入れ替わったか。

ここでこの普通サイズを釣ったのは初めて。

こいつは後程神経〆するためにスカリに入れておく。

その後ジグヘッドで数度のバイトがあったが乗らず。

結局4:00過ぎ、明るくなるまでやって投了。

ソーダ釣りのため途中仮眠をとって南下移動。




5:00am、南房へ移動するとポイントには既にズラリと太公望が並んでロッドを曲げている。

自分も急いで用意するが入る場所が無~い!

なんとか係留船と係留ロープの隙間に釣り座を確保し、

海面と船とロープで三角形の窓ようになった場所からサイドスローでキャスト開始。


(ソーダの後ろに広がるのが三角形の窓)
キャスト後まもなく40cm弱位(5:22am)。
実はソーダを釣ったのは初めて。素直にウレシー(笑)。
デカアジとは次元の異なるパワー&スピード。
アジングタックルでの格闘はスリリング&エキサイティング。
エッコラショ、っと抜き上げ。


タックルはラグゼ AJ S75ML-ソリッドFにツインパC3000、
PE0.6号にリーダーはナイロン1.5号、メタジはダイワのプリズナー7g。

トップを引けば突然の水柱!!

掛かれば猛ダッシュ!

10m位しか投げられないお子ちゃまでも何度もロッドを曲げる。

ナンボでも釣れる(笑)

ナンボでも釣れるせいか、混雑している割には皆余裕があり平和な空気を感じた。

ま、実際投げるタイミングさえズラせば見かけほど釣りにくくはないんだけど。


ものの30分で6匹を掛けて3匹をお持ち帰り(エラと内蔵は除去済み)。

釣り人同士の間隔を考えるとドラグは止むを得ずキツめの設定。

リーダー1.5号もメインとのバランスは良くはないが、AJのガイド径を考えるといいところ。

リーダーが古かったのか、ルアーとの結節部分から3回もブレイクしてパパのお楽しみは終了。


さて、場所を内房に戻して今回のメインイベント、夏休みの自由研究の材料調達開始。


何を調達したかは完成後に。





たまたま車で休憩中に車窓に留った蝿。
マクロで撮影すると一眼レフのように撮れた。
そうか、仮面ライダーは蝿がモチーフなのか。
そうだ、ソーダった(笑)


釣果:マアジ25cm×1、マルソウダ40cm弱×3本で打止め(笑)。






今日の宴。



初めて神経〆したアジの刺身。
いつものとは明らかに違う。美味い。旨すぎる。
ちなみに手作り〆棒は一発でグニャグニャ。
次回ピアノ線で作り直しだ。




ソーダの竜田揚げ。血合いは取り除いた。
サバの竜田揚げみたいで普通に美味い。




ソーダの血合いの焼肉風。
竜田揚げで除去した血合いを焼肉のタレに漬け込んで炒めるだけ。
千切りキャベツの上に乗せて完成。
ヤバ旨(笑)。

次回はカツとオイル煮(=ツナ缶。ツナじゃないけどツナ缶的ソーダ)に挑戦だ。
コメント
この記事へのコメント
>かいさん
神経〆必須です(笑)スカリも必須で時合いは逃さない(笑)
身の色も透き通ってるような気がします。
ストレンジでソーダ、楽しいとおもいますよ(^-^)
2011/08/02(火) 12:11 | URL | 塩人 #8DHrtJ/A[ 編集]
こんにちは。
次回からアジを刺身の時は神経締めせずにはいられなさそうですね。
そして時合いを逃す~みたいな(笑)。
ソーダの竜田揚げも美味しそう、やっぱ房総は楽しそうだ。

2011/08/02(火) 11:55 | URL | かい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する