REPORT No.180_2011/02/19_外房~南房
23:00外房スタート。いつも通り下げ一杯からのゲーム。
潮は濁っているが凪の無風で釣りはし易い。

さて第一投。

フォール中に「コッ」。
あれっ?なんか当たったなと思った0.7秒後にアワセを入れるとヒット!


17cmの小型だがスリムクローラーケイムラ2.3インチを丸呑み。幸先良いと思いきや、後が続かず。2匹目は30分後。ボトムをやってもダメ、レンジを探ってもダメで、ワームをチェンジしてすぐ、エコギア三寸グローホワイトに着水直後のリアクションバイト。
この後さらに60分。これまた着水直後のリアクションバイト。これは途中フックアウト。

リアクションでしかヒットしない時はどうしたものか。
かといってワームチェンジすれば食うという訳でもなく。
カブラは試さなかった。
メタジも試さなかった。
またひとつ課題だ。

結局その後反応なく1:30am、一旦ここは終了し、南房大型漁港へポイント移動。

3:00am。
濁りこそないものの凪無風でさらに潮が動かず釣り場全体が低活性感で充満している。港内を1時間練り歩いてリタイア。9:50amまでマジ睡。

目が覚めては最後の悪あがき。
外房デイアジセンターへ向かう。

12:30、到着すると女児を祝福する人形の大きな祭りが開催中で駐車スペースがいつもの半分以下に。諦めて帰ろうとしたところスペースを発見してしまう。仕方なく、ジョーカー0.2号のテストも兼ねて1時間だけ悪あがいてみることにする。

■悪あがきその1

ボトムズル引きで。





■悪あがきその2

ボトムスイミングで。。



【ジョーカー0.2号のインプレ(アジを掛けた場合を除く)】
このライン、その細さ故に当然両手で持って引っ張るとプッツリと切れてしまうのだが切れるまでの強度を冷静に分析すると0.9lbなりのことはあるなという印象。仮に片方を手、もう片方にはフックを付けてアジの口に刺して引っ張ってみたと想定してこの強度を考えてみると納得しやすい。さらに実釣ではロッドのしなり、ロッドさばき、ドラグといった緩衝条件が加わるので、品質が正常でラインに物理的な損傷がない限りは心配いらないかなと。さすがに根回りでは使いたくないが。
さて、実際キャストしてみるとなるほど1gJHがそこそこ飛ぶ。(ちなみにロッドはフィネッツァコルト68UL-T、リーダーはフロロ2lb)
低伸度のため深場でも1gJHの存在がわかりやすい。ただ、一度だけ風が吹いてきたため1.5gJHにした時、キャスト時に指のリリースをミスったら高切れした。自分のキャスティングはロッドの胴を使ってどちらかといえばゆっくり投げる方なので瞬間的なチカラはそう大きくないはずなのだが。
でもまあそれ一度だけなので気づかないうちにキズが付いていたのかもしれない。
お世辞にも扱いやすいラインとは言えないが用法を守って使えば深場のフィネス、風対策として強い味方になってくれるのではないだろうか。(あくまで1時間使用で、イイダコ、ハゼを掛けた場合の印象)
アジを掛けた時のインプレはまたアジを掛けた時に。


釣果:アジ2


【タックルデータ】■ROD/LUXXE COASTLINE AJ S75M-Solid.EXF &other ■REEL/SHIMANO RARENIUM CI4 C2000S■LINE/サンライン BASIC FC 2lb &other ■FOOK/がまかつ キャロヘッド #3-1.6gほか■WORM/Maria ママワーム2 スリムクローラー2.3inch/ケイムラほか
コメント
この記事へのコメント
>手のヒラアジさん
もう細過ぎてほとんどタナゴ釣りの領域です(笑)軽薄短小、アジングも100年後は今のタナゴ釣りのような様式美を確立してるかもしれません(爆)
2011/02/24(木) 10:18 | URL | 塩人 #8DHrtJ/A[ 編集]
ども。
巷では「0.2号」なんてラインが流行していたんですね。・・・知らなかった。(@@;
最近は老眼が進んでしまって、2lbの無色ラインが見えなくなってしまいました。
でも、3lbだと張りが強くてトラブルして・・・結局また結ぶことになって一苦労・・・。
ってことで、このところ2.5lbのフロロラインに落ち着いてます。(^^;
アジングブームのおかげで、いろいろと細かい刻みが出ているのはありがたいですね。(^^;
2011/02/24(木) 00:32 | URL | 手のヒラアジ #L3IZTYfI[ 編集]
>sebastian jackさん
私も鴨川エリアでした。しかも同じ2匹で(笑)でもこの日は勝浦エリアが正解だったようです。データでみる水温とアジの活性は正比例ではないですね。それにしても超フィネスな釣りをしてるんですね~!私は最近はどちらかというと1.5gがメインになってきていましたが参考にさせていただきます。突発的なテンションには弱いようですが根ズレにはどうなんでしょうねジョーカー。強くはないように思いますが。でもラインて面白いですね。私もその昔は4lbからはじまり、恐る恐る3lbにして慣れてきて2lbに落として全然問題なくてそれでも太く感じる位。で1lbの領域に突入してやっぱ細いな;って(笑)細さの快感ですね。
2011/02/23(水) 00:13 | URL | 塩人 #8DHrtJ/A[ 編集]
僕も同じ日に行ってました房総。
判ってはいたんですが、僕は残念な結果に・・・

JOKERは、僕は0.3号を房総で良く使います。ジグヘッドは0.3g~重くて0.5gで、かなり重宝しています。
アジが浮き気味で、表層直下でフォールORドリフトをゆっくり見せたいとき・・みたいなのをイメージしています。

ディープでは、0.5号が安心感ありで使ってます。
0.2号は、怖くて使っていません。

以前、塩人さんとJOKERのお話をしましたが、僕としては最終的にこんな感じで使い分けることで落ち着きました。
今は前より使い慣れましたが、初めてJOKERを使ったのは横浜沖堤で、まさしくチキューさんのおっしゃっている理由でばらしまくりでした。
しかもチキューさんの釣ってらっしゃる横で・・・今度はお声をおかけします(^^ゞ
2011/02/22(火) 19:14 | URL | sebastian jack #/5Sx4eIw[ 編集]
>かいさん
ブリの2.28lbは使ってみたいですがやはり300m1100円チョイの強くて安いサンラインフロロは手放せません(笑)更なるインプレ、少々お待ちを。
2011/02/22(火) 14:03 | URL | 塩人 #8DHrtJ/A[ 編集]
細さと感度の代償として切れやすいのか~、ふむふむ。とか言って、僕はブリーデンの2.28と3.11の1000mがなくなるまでは買えないっす・・・。更なるインプレ待ってます。
2011/02/22(火) 10:56 | URL | かい #I9hX1OkI[ 編集]
>チキューさん
名人お察しの通り記事中の「深場」はもちろん横浜も含みますです^ ^こちとらアジを釣らずに語っちゃってますので説得力ないのですが危険を犯してまで0.2号を使う必然性の問題はあると思います。0.4号ならかなり安心して使えそうですね。単純に価格は意外にリーズナブルなので、もう少し使ってみて見極めたいと思います^ ^
2011/02/22(火) 00:56 | URL | 塩人 #8DHrtJ/A[ 編集]
個人的な感想ですけどね、ジョーカーの0.2号は自分のフィールドでは常用できないですね。

暫く使って結構アジ釣ってみたけど、25センチ超えるとドラグが滑る前に切れちゃう。

滑らないぐらいドラグ緩めると水圧に負けてフッキングが甘すぎるし手返し悪すぎる。

ただ他にない細さと感度なんで、いつも用意はしてるんですが。

1ポンドフロロならシーバスでも切られる事はまずないので安心感が相当違いますね。

ただジョーカーの0.4号は最近常用してます。あれは便利。
あの細さで3グラムのジグヘッドでも伸びないので深場でのワインドとかすごくいいです。
2011/02/21(月) 23:51 | URL | チキュー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する