この三連休は脳内出撃。


先日、釣りビジョンで(カミさんの実家ではJ:COMで釣りビジョンが見られるのだ♪)楠ノ瀬直樹氏がチカメキントキのボートゲームをやっていた。楠ノ瀬氏といえばラパラ、、、ハルシオンシステム、ギャングスター鯵人、ということ位しか知らないのだけどジギングラップ(いわゆるアイスジグ)を使ったライトゲームで先駆的な挑戦をしているイメージで自分はよくチェックさせてもらっている。
で、このチカメキントキゲーム。自分の興味をそそったのはそのタックルだ。水深100m位の海域の60m付近を狙うのだけれどタックルはオカッパリシーバス並みのライトなもの。ジギングラップ14g~21gを軽くシャクれる程度の7ftロッドにスピニングリール、ラインはPEの8lb(だったかな)。14g~21gのジギングラップが水深60mまで送りこめるのが意外で驚いた。
さて、自分のイメージするカヤックアジングは昼間、水深10~30m程度の内湾で15gまでのできるだけ軽いメタジを使ったウルトラライトジギングだが、メタジはまっすぐ沈んでくれるか?と後になって気になっていたところにこのチカメキントキゲームだ。早合点は禁物だがカヤックアジング、なんとかなりそうな予感。




やると決めたわけではないけど(爆)



余談:あるブログに書いてあったがラパラは何個持ってるというのではなく、「俺はラパラ10kg持ってるぜ」ってkg単位で言うらしい。ちなみに自分は20g未満だぜぇ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する