だ、だれだ!このスキンヘッドマンは?!!!
そう、彼はわたしの母親の弟、つまりおじさんです。ハンドルネームは薬釣さんです。
大阪の茨木市で調剤薬局を営んでいるので薬+釣となったわけです。実はこのおじさんは私の釣りの原点のひとです。このおじさんから手ほどきを受けた私の兄の影響を受けて私も釣りをはじめたのです。船釣りを生業とする本格派アングラーです。数々の大物実績を持っています。今回は50cmのヒラメをゲットされました。おめでとうございます!!

釣行日:1/22日(小潮)ナギ。 和歌山日ノ岬沖、沈船周り
エサ:22~23cm小アジ 
ハリス5号孫バリ仕掛、胴突き呑ませ
オモリ60号。水深60m前後
竿:サクラDB金剛ヒラメ2.8m
釣座:右舷ミヨシ。流し釣り
コメント
この記事へのコメント
確かにブログ状態やったな。(笑)
加太でもジグの鯛釣りやってた時あったけど、大型ばかりが釣れすぎるので、禁止になった。
2006/01/27(金) 19:37 | URL | 薬釣 #-[ 編集]
最近は真鯛までルアーで狙う時代みたいですヨ。まあジギングではたまに掛かってるもんね。しかしコメント長すぎやわ(笑)。多めにスペースは用意してるけど文字数制限設定あるので、ほどほどで頼んます(^^;
2006/01/27(金) 07:05 | URL | 塩人 #8DHrtJ/A[ 編集]
塩人君、アップ恐縮です。
オレは鯛釣りが一番好きやねんけど、いろんな釣り方の中で最高におもろいのが加太の鯛釣りやとおもてんねん。
今回はこの釣りを紹介するわ。
先ず、加太はオキアミやマキエは禁止やねん。
そやから魚にアミ臭はない。その魚本来の味が味わえる。
船は潮上からの流し釣り。仕掛けは枝針5~6本で全長15~6mの長大な胴突き。因みにオレはハリス2.5号50cm、全長17mの7本針、針グレ5号。オモリは30号統一。
エサは2~8cmの細長く切った薄いビニールの疑似餌やねん。
その時期時期に鯛が喰ってる餌に似せたギジをその日の水色等も考えて船頭が用意する。
例えば海エビならピンク、またシラスなら2cmぐらいの白、真冬、爪ぐらいの大きさのミミイカが湧いたら、毛糸を丸めて使ったりといろいろや。
先ず、底とったら、船頭の指示ダナまでリールをまいて、また底までおとす、の繰り返しや。ただ巻き上げのスピードがその日に合ってんと喰わん。竿は先調子の2.1~2.4m30号ぐらいで長い仕掛けをもつらさん様に扱うのがむずいのと、ギジを常に動かして、アタリがあっても合わせんとギジが逃げる様に誘って、ギジと見やぶられん様にして、鯛の唇に針を掛ける。グレ5号言うたら、ほんま小まいで、そんでハリス2.5で60,70cmの鯛でもとるんや。
あの98cmのスズキも同じ仕掛けや。むつかしいけど、この釣りは鯛がギジにさわりに来た時から、掛かるまで全て分かるので、ほんまに「釣った」が実感できる釣りやねん。
初めての人は「こんなビニールで鯛がつれるんかいな。」と
思うねんけど、ギジの方が鯛の喰いも型もええんや。手も汚れんし、付け替えんでもええ。ギジを変えるだけで、その季節に応じた魚の釣れる加太の伝統釣法や。



時期時期に鯛が喰ってるエサに似せた色の
2006/01/26(木) 23:01 | URL | 薬釣 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する