FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
                        


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年で3シーズン目を迎える利根川のサクラマス釣り。幸運にも、2年目の昨年、初魚をキャッチできた。ところでそもそもなんでサクラマス釣りを始めたかというと関東でのハス探しに端を発している。そして、そもそものそもそも、なんで川釣りに転向したかというとその理由もハスであった。
関東でハスを釣りたい一心で近所の沼、小河川、江戸川、利根川などを釣り歩くうち、往復6時間かかる海に行かなくなっていた。ハスは小型ながらそれなりに釣果も得られた。しかし尺クラスが釣れない。
最終的には埼玉県行田市にある利根大堰に行く手を阻まれた全ての魚が溜まる。きっとそこに琵琶湖にいるような尺クラスのハス(ケタバス)がいるに違いないと思うようになり、自分の意識の中に利根大堰という存在が現れたのもその頃である。
ハス釣りをする中で特に江戸川で「外道」に鱸が多いのも特徴的だった。
はじめは鱸が掛かると鯉と同じくめんどくさく感じていたが、ハスより多く掛かるためそのうちに「外道」の方が面白くなってしまった。

川(淡水域)で釣れる鱸のことを勝手に「川鱸」と呼んでいるが川鱸のことを調べているうちにサクラマスというキーワードが出て来る。ここで自分の中で利根大堰とサクラマスが繋がった。

さて2018。今年はSNSで繋がったローカルな釣り仲間となんとか近隣の利根川水系でサクラマスをキャッチすべく3月から情報を共有している。
その中でいつも話題に上がるのが江戸川を遡るサクラマスだ。
自分も江戸川のサクラマスの存在は認める。ただ、利根川河口から遡上するのに比べて房総半島をぐるり迂回して東京湾口から江戸川河口に辿り着く個体が何匹いるのだ?しかもこれだけの距離の差があるのに釣れるのは同じ春。どう考えても無理がある。と思っていた。
ただ、仮に江戸川から東京湾に下ったヤマメ(サクラマス)が外洋には出ずに、東京湾で2年を過ごして江戸川に帰ってくると考えると無理はない。 
サクラマスは外洋(=太平洋)で過ごすものだと勝手に決めつけていただけで冷静に考えると餌の豊富な東京湾からさらに危険を冒して外洋に出ていく理由がない。 

そうなると東京湾から遡上するサクラマスの存在がより現実的に、より身近な存在となってくる。名付けて「江戸鱒」。

いままで江戸川を遡上するサクラマスが東京湾を母海とするなんて(いや、これは仮説でしかないのだが)考えもつかなかった。今シーズンはもう遅いが来シーズンは我らがローカルリバー、江戸川に今まで以上に着目し、ぜひとも「江戸鱒」に出会いたものだ。


インスタグラム
日々の釣行記はこちら。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。