大堰下は調子上向き。
土日は場所取りで大賑わいは必至。
そんな時は人の行かないところへ行くのが塩人流(単に弱気という説もあり)。

というわけで大平洋と繋がっている、ある川へ行くことにした。

気合いを入れて夜明けから堰を起点に目星をつけて入った最初の堰は水深なさ過ぎ、流れなさ過ぎでさっさと切り上げ。





2つ目の堰は超いい感じ。
この写真左の流芯にレンジバイブ80を投入一発目でヒットするもすぐに外れる。
これは悔しかった。
何者かは断定できないがこの流れの中にいるのはサクラしかいないだろう?とは思っている。
結局その後は反応なくなり納竿、、、

と思ったが帰り道、ポイントチェックだけしておこうと堰を2ヶ所見て回る。

そのうちのひとつでは間違いなくサクラが2匹、自分の前をたて続けに水面下に姿を現した。

スズキでもなく、ニゴイ、ウグイでもなく銀ピカのそれは間違いなくサクラマスだった。

サクラマスはこうやって、常に上流に頭を向けてストイックに産卵場所を目指しているのではなく自由に泳ぎ戯れながら上流を目指していることがわかった。

それを見てからは俄然やる気が出てカミさんに帰宅時間の延長を伝える。

それから1時間位だろうか、またまたレンジバイブに切り替えた一投目だった。

ついにその時は来た。









 
来た!雷魚が。
初雷魚!レンジバイブ80丸呑み!
モレーナがよく似合ってるぜ!っておいおい。
いや、でも魚が掛かれば嬉しいものだ。
一瞬でもサクラかと思わせてくれてありがとよ。

その後また1時間、魚信なく、13:30納竿とした。

しかしあのサクラマスはこのまま水嵩が増えずにいたら堰を上がることができず
この場所で息絶えてしまうのだろうか。




Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/
コメント
この記事へのコメント
>ovalmoonさん
どうも!その川ではないんです。ガラス張りの堰よりもっと下流の途中で枝分かれして北に向かう川なんですよ^_^
2017/06/07(水) 22:52 | URL | 塩人 #8DHrtJ/A[ 編集]
堰の横に魚道があるので大丈夫ですww
ガラス張りになっているので魚道にいる魚が見られますよ~。11月以降は鮭の遡上が見られます!!
2017/06/06(火) 13:57 | URL | oval_moon #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する