川鱸のはじまり探し定点観測3週目。
先週よりブロック1個分増水。水温14℃~12.5℃。

今日はイトウタックルの筆下ろし。
モレーナ53、カルカッタコンクエスト300にナイロン5号での試投。
ルアーは天塩川でメインルアーとなるレンジバイブ80。
特に何の問題もなく安定の40~50mキャスト。

鯉が二度掛かったが流石は怪魚ロッド。モレーナでは余裕のやり取り。
レンジバイブ90も余裕のキャスト。
一方で同55TGも投げられる。

ナイロンは水馴染みが良く太さによる水の抵抗の懸念は払拭、不自由はなかったがPEみたいなシャキッとした感じがないのは当然か。

ナイロンを使う人がよく言うのは魚を掛けてからの性能のこと。
ん、確かにそうかも。







はじめて右岸にも進出。








満開の菜の花の香りに包まれての釣りは最高。

今日はスモールMBもヒット。

次回PEに巻き替えてナイロンとの比較を行うつもり。

一旦はナイロンに決めていたが最終決定はまだ先になりそう。




Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する