盆休みの琵琶湖以後、Instagramの記録を追うと

この2ヶ月で釣行回数なんと15回。

月7.5回か。そう思うとそれほどでもないが、これにネタがなくアップしてない釣行が数回を含めれば自分的にはかなりのハイペースだ。

やはり釣り人たる者、現場で竿振ってナンボよな。

今年はしかし、ハス釣り士を標榜しておきながら

ハスキャッチは1匹のみ。

実際はハス狙いの外道、鱸がいつしかメインターゲットになっている状況。

あれだけバカにしていたシーバスだが川で釣れるものは何か価値を感じてしまうのはなぜだろうかな?

河口から30km以上上流までよく上がってきたものだ。そんな思いがあるのかも知れない。

川釣りではどういうわけか、ランディングネットは木製。渓流釣りからの流れか。

自分もカタチから入らせてもらっていたが、実際のところ中下流域では伸縮できないこの木製ランディングネットは特に便利なわけではないのに雰囲気で使ってしまっている。

中下流域の釣りは根掛かりとの戦いでもある。

もう目の前の、すぐそこの竿の長さ分だけ先で根掛かる。

これがなんと多いことか。そして外れないこれが。

ある時、下の娘を釣れて中川に出かけた時、白昼、娘が川鱸を掛けて水際まで寄せて勝負がついた後のランディングの際、足場が高くランディングにもたついている間にバシャッと逃げられたことがあった。その時娘に、伸びる網だったらよかったね、と言われ済まない気持ちでいっぱいになったことがあった。

以来なんとなく中川でも江戸川でも、娘を連れていなくてもネットは伸縮タイプの、ラバータイプのものを携帯するようになった。

しかしこれが根掛かり回収に思わぬ威力を発揮することに最近気付いたのだ。

目の前の、早い流れの、立ち込むにはちょっと深くて躊躇されるようなでも諦めるにはもったいないような、場合によっては見えているけど取れない根掛かりにはランディングネットで

ルアーをネットに絡めて取るイメージでゴソゴソやると



高確率でルアーが回収できる。

今のところ4−4で回収率100%

マジでこれはよく取れる。

でも、来春のサクラマスは木製で行くんだろな。

雰囲気格好つくから。















コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する