55TGにS−61#3/0ひとつのセッティングを試す。

ボディへの絡みは殆どなく安定。

気になるフックの向きは魚を獲ってみないとなんともだが

口に入ってしまえば関係ないという仮説の検証。

55mmサイズのポテンシャルをイトウでも実証したい。

今日は川鱸さんはお出掛け中のようだ。

恐ろしく黒い雲が接近してきたので1ヶ所で終了。




Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/
 
夕刻のチョイ釣りで初物キャッチ。

ダウンに沈めたレンジバイブ55ESを

スローリトリーブでヒット。

水温16℃。

江戸川川鱸、シーズンイン。




Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/
数の程はさておき江戸川を上るサクラマスは確かに存在する。

毎年東京湾でサクラマスが上がっていることがその証拠だ。

朝6時、江戸川上流。

ここでサクラマスの捕獲を夢みてると思われる稀少アングラー3人(自分を入れて)。

ここでサクラマスに出会うのは利根大堰で出会うより遥かに難易度が高い。難易度というか運レベルだ。

この日はサクラマス並みに稀少なこのブログを見てくれているというSさんが声をかけてくれた。

自分のツララ×コンクタックルを見てピンと来たそうだ。





とりあえず今年の初魚をキャッチして終了。





Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/

長女の中学進学祝いを兼ねて家族で一泊二日の札幌弾丸ツアーを敢行。



なごやか亭で食って


ルタオで食って


スプーン買って


スプーン買って


コスパ高過ぎのシャトレーゼのホテル、ガトーキングダムに泊まって


遊んで


アメリカ屋漁具


Myloch



北海道って楽しい!






今日は平日。長女の卒業式に出た後の空いた時間に江戸川へ。

今日はPEに巻き直しての江戸川。

やっぱり慣れたPEが扱い易い。








場所移動してからはスプーン。

スプーンも扱い方がわかってきた。

明確な魚のバイトがあり確信を得る。

スプーンいいかも!もっと買お。

川鱸はまだまだだな。





川鱸のはじまり探し定点観測3週目。
先週よりブロック1個分増水。水温14℃~12.5℃。

今日はイトウタックルの筆下ろし。
モレーナ53、カルカッタコンクエスト300にナイロン5号での試投。
ルアーは天塩川でメインルアーとなるレンジバイブ80。
特に何の問題もなく安定の40~50mキャスト。

鯉が二度掛かったが流石は怪魚ロッド。モレーナでは余裕のやり取り。
レンジバイブ90も余裕のキャスト。
一方で同55TGも投げられる。

ナイロンは水馴染みが良く太さによる水の抵抗の懸念は払拭、不自由はなかったがPEみたいなシャキッとした感じがないのは当然か。

ナイロンを使う人がよく言うのは魚を掛けてからの性能のこと。
ん、確かにそうかも。







はじめて右岸にも進出。








満開の菜の花の香りに包まれての釣りは最高。

今日はスモールMBもヒット。

次回PEに巻き替えてナイロンとの比較を行うつもり。

一旦はナイロンに決めていたが最終決定はまだ先になりそう。




Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/