◆6/25(土)



土曜日、川鱸を釣りたい気分。

早起きしてEDRへ。

でもハスを意識してフックはバーブレス。

先週より増水!

狙ったポイントへキャストすると水面が割れた。

???もう一度キャストしてドスン!

目前で川鱸を確認してオートリリース、と言えばカッコいいかな。

バーブレスのせいにしたらアカン。

キャッチできる時はバーブレスでもキャッチできる。

40up 位だったけど面白い。

いいテーマかも川鱸。

それにしてもハス来ないな~~。







◆6/26(日)

昨日バラした川鱸が妙に頭に残って今朝も早起き。

ここは居着きの場所に違いなく同じ場所へ。

川上から釣り下り、何もなくバラしポイント射程内に到着。

そして一投目でドスン!しかも目の前2mで。

けっこう川鱸の目の前至近距離ヒットは多い。

意外に鈍感なのかね鱸。

昨日よりふた回り大きい川鱸を確認し

これまたオートリリース。

バーブレスのせいにするつもりはない。

もう少し疲れさせてからの方がいいのか。

悔しい~~!!!けど楽しい川鱸。

夕方また来ればまた別のヤツが定位してるだろうな。

次はいきなりここから一投目で掛けてやる。

後ろ髪を引かれつつポイント移動を決意。

移動先でも川上からの釣り下り。

強い流れの左岸側のヨレの中にスカリ60HSを放り込んで、、、





狙い通りドスンと1本!

今度はうまく無事ランディング。

50up位かな。なんかいいなあ川鱸、、、

などと思いながらしばらく辺りを探って納竿とした。

それにしても江戸川ハスはまだかいな~~???





<ハス ケタバス 川鱸>


今日は4時過ぎからEDR朝練。

さすがに早朝だけあって魚っ気はあるが何だかなあ。

ハスっぽい動きの波動もたまに。

1時間ほどやってプライベートリバーへ移動するも

こちらも何だかなあ。

ハスの姿さえ確認できず7:30、ノーフィッシュで投了。

雨降らんかなあ。。。



<ハス ケタバス>
<追記>
スゴモロコチェイス!


いつもモツゴチェイスと言ってきたのはスゴモロコと判明。










以前からなんかモツゴとは違うよなあ~と思っていたのでTwitterでフォローしている淡水魚に詳しい西村さん(@kawanittan)に聞いてみた。

ん、確かに。これもハスと同じく琵琶湖由来の魚のようだ。

スゴモロコチェイス!


****************



世界的通販会社のこのCMはネット上では「泣けた」「感動した」といった好意的な感想が多いようだが、、、

昭和生まれの堅物親父は違和感を覚えずにいられない。

このCMは飼い犬を見て思いついた父親が同通販の当日配達便を使ってライオンのたて髪を買って飼い犬に付け、我が子に見せてやるという「感動の」ストーリー。

昭和生まれの堅物親父に言わせてみれば、やり過ぎ。感じ悪い。

まず愛情表現間違えてませんかね?

そうすることが我が子への愛情ですかねお父さん?

そしてこれ、要するにお店に連絡して「今日持って来い」ということ。

出前か?!

当日配達なんてヤマトの兄ちゃんにしてみれば堪ったもんじゃない。

確かに欲しいものはすぐに欲しい。

この世界的通販会社のカスタマーサービスは素晴らしいと確かに思う。

けど今日持って来いはやり過ぎじゃないか?

このCMを見るたびに最近のイクメン現象への違和感と運送会社の苦労を思わずにはいられない、涙なんてこれっぽっちも出ない昭和生まれの堅物親父なのであった。



**************


さて、今日は病み上がりということもあり夕方からハス伺いでチョロっとプライベートリバーへ



2投目でヒット!

今年は鱒族に現を抜かしていたので開幕調査はしていなかったが既にご来場。

今日は3ヒット1キャッチ。

ん、いいんでないかな。






例によってモツゴチェイスはツヌケ。






カーディフNX B48L with カルカッタコンクエスト100HG

川幅の狭い小河川でのパフォーマンスの高さはスピニングの比ではない。

2016ハスもスタートした。



<ハス ケタバス>










<利根川サクラマス釣行⑦>



利根大堰のサクラマスも堰上に行ってしまったようなので

今日は大型レインボーも狙えるという群馬漁協管内へ。

実のところ既にサクラマスのみを追い求めるような気持ちはなく鱒属全般に関心が広がっているのが本音だ。

自宅を9時発、かなりユルめの出撃。

関越道を使って11時、コンビニで日券買っていざ釣り場へ。







Googleマップ見ながらインスタ仲間さんのアドバイスも参考に決めたポイントへ。

低水温、透明度、速い水流。埼玉エリアとは趣が異なる。

ここ最近の小雨から起想していた以上に水量はある印象。

ロッドを立てればリールを巻かなくてもレンジバイブ70ESが頭を振る。

今日は深場2ヶ所、浅瀬1ヶ所をポイントチェックしたが、いつもながら魚とのコンタクトは無し。







夕マズメ、最後のポイント移動中に慣れない丸石歩きで転倒し万事休す。

さすがにこれには凹んでしまったが、また来たくなる群馬利根川であった。