今日は代休平日出撃。気合いを入れて3時前には現場着。
平日でアングラーも少なく貸し切り一番乗り!と喜んでいたらどうやらポイントを外していた、のがわかったのは朝の部を9時に終了し仮眠から目覚めた13時頃、岸辺で休憩されているアングラーさんとお話してからであった。

珍しく釣り場で自分から話しかけたのだが、利根鱒は今年から始めて今日で4回目だという方だったが色々勉強されていて色々教えていただいた。

下流でコソコソやってる自分とは違ってかなりの情報をお持ちだった。

しかし見てるとみんな基本的にタックルはライト。

ライトなロッドを小刻みに揺らしながらのリトリーブ。みんなそのやり方。

14時から午後の部をはじめたがその時点で既にひとりで3本上げているアングラー。

もう満足されたのか陸に上がるようで、スレ違いざまに、3本凄いですね?!いやいやたまたまですよ!的なやり取りをした。

しばらくするとまたそのアングラーが戻って来て、今度は自分より下流に入った。

そこは3名が先行しており、どうやらそこも一級ポイントのようだがその3名の上流につく形で4番目についた。

すると間もなく全く釣れていない先行3名の背後でロッドを曲げているではないか。

4本目だ。

これには参った。たまたまではなかろう。

レンジ、アクション、諸々秘訣があるのだろうな。

こればかりは凄い!の一言。

あれだけ魚が居るのに自分にはバイトすらなし。

この地での自らの未熟さを思い知らされた。





17:30まで頑張ったがアタリなく納竿とした。

でも、期間限定、数量限定のこの特別な釣りは暫く止められそうもない。




GW最終日、朝だけ出撃。
まだ暗い3:30am、藪漕ぎ開始。
今年は遡上が遅いんだ、という見立てで目指すはいつものポイント。
既に自分の身長より高くなった夜露で濡れた藪に突進しやっとのことで水辺に出てびっくり。
ここのところ雨が降っていなかったのをいいことに全く想定外の水嵩増、濁り増。
放水情報、水位情報チェックを怠っていた。

おかげでいつもの場所に釣り座は取れず。

帰るか、続けるか、、、
暫し考えて大堰下1km圏内へクルマを走らせる。



岸沿いに停まっているクルマの数も少なく釣り人の間隔は充分に取れる状況。

普段顔を出しているテトラが完全に水没。

濁水は致命的なほどではない。

双眼鏡でチェックすると堰直下に浸かっているアングラーもまばら。

印西の某ショップの方が嘆いていたが今年は全国的にサクラが不調なため、サクラマスビジネスも不調で困っているとのことで、やはり利根川も今年は不調なのだ。

サクラマスが釣れない→サクラマス釣りをやる人が減る→サクラマス用釣具が売れない。

こういう構図らしい。

5月7日、例年ならトップシーズンなのにこんな状況。

そう考えるとこないだ釣ったサクラは正に貴重な1本だったんだな。

しかし昨年は沢山いたハクレンも今年はかすりもしない。

なにか異変でもあるのだろうか?



Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/


永らくシマノの安いクリップオン偏光グラス(写真上)を使ってきたが、サイトマスターのクリップタイプを購入し、利根川へ

実際に使ってみて何度もレンズを交換して見え方の違いを確かめたが、レンズカラーの違いによる見え方の違いを差っ引いたとしても

水中の景色の見え方には大差ないと、自分は感じた(あくまで個人的な感想)。

わかりやすく言うとヤベぇほどの違いは全くなかった(あくまで個人的な感想)。

世の中的に凄い!みたいなレンズのようだが何なんだ一体あれは?(あくまで個人的な感想)

ひとつ、シマノにはなくてサイトマスターにあるのは

メガネが反射しないということ。

シマノのものは付けているメガネが偏光グラスに反射して見えてしまうこと。

ただそのことが致命的な違いかというと気にしなけれは無視できるレベル。


見え方以外の違いをみていくと、、、



クリップのし易さ、跳ね上時の安定性はシマノが圧倒的。

クリップはシマノは洗濯バサミのように摘まんで挟むだけ。

サイトマスターは4本のフックみたいなものをメガネのフレームに引っ掛ける作業が手間。

跳ね上げはサイトマスターは跳ね上げていてもちょっと頭を振るとパタと下りてしまう。






シマノのクリップタイプで付けられるメガネも






サイトマスターでは付けるメガネを選んでしまう。






クリップオンではメガネの上に追加するので重量が意外と重要。9g(シマノ)でも1日付けていると鼻への圧力はけっこう負担。






22g(サイトマスター)にもなるとけっこう痛かった。




総括するとサイトマスター買って損した、と思う。シマノの方が機能的に優位で且つ安い分、少々乱暴に扱えて気楽で良い。

ま、サングラス=嗜好品の部類と思えばサイトマスター、いいとは思うが

どうしようかなヤフオクに出そうかな・・・。





釣りの方はというと、2回連続サクラキャッチを夢見たが、世の中そんなに甘くない。

朝4:30~8:30、午後は14:30~18:00、杭となってロッドを振り続けたが撃沈。

昼間、熊谷のプロショップで聞いた話では今年は良くないそうだ。

それは来るのが遅いのか、来ている数が少ないのか、、、???






スプーンいっぱい投げている内に何がいいのかわからなくなってきている。

また、行かないとな。


Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/



頭の中は6月の北海道イトウ遠征のことだらけだったが、気づけばもうサクラマスの季節だ。

4月29日夜、なんとなく虫の知らせで利根川行きを決める。

昨年デビューした利根川のサクラマス釣りだが

利根大堰に足止めを食らっている魚めがけて大勢のアングラーが集まるポイントでの釣りはどうも気が進まない。

例え魚が少なくてもできるだけ静かな環境で釣り場を独り占めするのが俺の釣り。

となるとシーズン初期の今は大堰付近よりも下流に入らなければならない。

幸い昨年およびそれ以前のハスポイント開拓で下流域の地形、入釣ルートのストックは十分にあり

そのストックから選んだ、この時期恐らくサクラマスが通過中であろうポイントに入ることにした。

しかしイメージより水量がありベストポジションが取れず1時間ほどで場所を変える。

レンジバイブ55TGでひと通り攻めたが反応なくスプーンに交換。

まずはノーザンバイト19.8gをアップに沈めてボトム付近を漂わせる。

何度か流して反応がないため、よりシルエットが細く短いグリッドに交換した1キャスト目だった。

アップから自分を通り越したあたりで

ガツン!

鯉系の魚では出ない明確なバイト!

ヤツか?!!ヤツだ!ヤツがヒットしたんだ!

直感的にそう思ったのも束の間、ヤツは水面に飛び出し首を左右に振る。

以前テレビで見た本波士のヒットシーンと全く同じ光景を見てサクラマスと確信する。






一度ロッドを絞り込んだ後、寄せてきたのは銀ピカの紛れもないサクラマス!

それからはもうひとりお祭り騒ぎ。





念願は叶ったわけだがそこまで魂詰めてやりこんできたわけでもなく、苦節何年とかでもなく2年目の初回アタックでキャッチしてしまうというラッキーさ。

いや確かにポイントの見立てはラッキーとは言いたくないが釣れたのはやっぱラッキーだな。







しかもスプーンで獲れたのも嬉しい。
(ノーザンライツ社 グリッド18g)

そして何よりもこの美しい魚体。 

この利根川にこんなにも美しい魚が遡上してくるのか?!!

サイズを測ると40cm強だが40cmの魚とは思えない存在感。

もう全てが感動だ。

この余韻は二日間続き今こうして日記をつけている。

そしてまた、今夜から出撃するのである。                                                 




Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/













55TGにS−61#3/0ひとつのセッティングを試す。

ボディへの絡みは殆どなく安定。

気になるフックの向きは魚を獲ってみないとなんともだが

口に入ってしまえば関係ないという仮説の検証。

55mmサイズのポテンシャルをイトウでも実証したい。

今日は川鱸さんはお出掛け中のようだ。

恐ろしく黒い雲が接近してきたので1ヶ所で終了。




Please follow me https://www.instagram.com/aokishigeru/